So-net無料ブログ作成
検索選択

『と』終了。 [音楽活動 -たくらみ編-]

「たくらみ」ました。

いやいや、今回はかなり緊張しましたよ。やっぱり、自分のライブとなると他の人のサポートとはまた意識が違うわけだけど、今回は「新しい試み」の1st stageだったからね。終わった後に体がこわばってたのがわかったよ。弾き語りの初回以来かもしれない。

というわけで、今回の「まさぼうと北村直子のたくらみ」。
こんな曲をお届けしました。

<まさぼうと北村直子のたくらみ>
1.夏なんです (はっぴいえんど)
2.かがり火 (詞/曲:中田征毅)
3.木綿のハンカチーフ (太田裕美)
4.君の手紙 (詞:北村直子/曲:中田征毅)
5.SHENANDOAH (Traditional)
6.So Faraway (Carol King)
7.新しい街で (今井美樹)

歌:北村直子
ピアノ:中田征毅

選曲はそれぞれこんな具合。
北村:1,5,6
中田:2,3,7

夏なんです』は、変な言い方だけど「なんでもない」感じを出すのが難しかったかな。
かがり火』は、ぼくが彼女の声で聞いてみたかったのね。なので大変満足です。
『木綿のハンカチーフ』はね、当初全然違う形でやろうと思ってたのね。いわゆる「同期もの」。だけど、一度リハで試してみたところ、なかなかそれがうまく合わずに、合わせようとすることに必死になると曲への意識が遠くなるもんで。思い切ってやめました。で、わりと本番近くになってから「かけあいしたいなあ」と思って。歌詞そのままに男女の掛け合いをしました。
『君の手紙』については、後日詳しく書きますよ。ひとつだけ言うと「いい歌が出来たな」という思い。これは彼女の言葉による比重が大きいな。
『SHENANDOAH』はね。大貫さんの最近のバージョンを初めは元にしてたんだけど、ぼくが「矢野さんのバージョンが頭から抜けない」と言ったところ彼女が興味を持ち、あの3拍子と4拍子が入り交じる矢野さんのパターンを、大貫さんのキーでやる、という試みにでてみた。それと、ぼくのアイディアで2コーラスめをマイナーコード進行に変えたりね。
『So Faraway』はもう北村直子にはおなじみの曲。「やっぱり、歌っておくか」と言った具合でセット入り。ただ、今までに比べたらかなり奔放な歌いっぷりにしてみたね。
『新しい街で』は、自分では忘れてたけど、以前にも彼女に勧めてた曲。彼女曰く「これ、誰が作ってるんですか? 中田さん作りそうな曲ですよね」・・・はい、KANですので。とりあえずこの曲のサビのロングトーンをね、彼女に歌わせてみたかった、と。

ま、そんな感じの選曲ですよ。
2人ともマイナーなミスはかなりあったけど、ライブ全体は非常に穏やかに進んでったかな?
途中から、お客さんがみんな張りつめたように「息も吸えない」くらいシーンとしてて。「もっと、リラックスして下さい」なんて言ったんだけど、今回のこれは緊張とかではなく、歌の引力がものすごく強かった、という結果。やっぱり、北村直子という歌い手は、それだけの引力を持ってる人なんだな、と改めて思ったよ。
終演後に、お客さんがみんな「また歌って下さい」「ステキな時間でした」と言ってくれてね。ライブハウスの人も「またぜひやって下さい」って。受付を担当されてた方が「中に入ってじっくり見たかった・・・」と言ってましたよ。

ほんと、ライブ中にも言ったけど、彼女にはどんな形でもいいのでね、もっとたくさん歌ってほしいと思いますよ。ギターの人とやってみるとか、バンドっぽくやってみるとか。もちろんピアノで歌いたくなったらぼくが弾きますから。
ただね、終わってから「次は、あれを歌ってみようかなと思ってるんです」なんて話をしてたので、かなり意欲は乗ってるようです。期待しましょうね。

そんな感じで、また少し経って落ち着いた頃に振り返ってみます。
今日はこんな辺りで。

見に来てくれたみなさん、本当にありがとうございました。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 5

StudioDeluxe

昨日はすんばらしいライブをありがとうございました!
あの歌声を届けてくれたまさぼうさんのたくらみにすっかりはまりこんでしまいました。
なので、北村さん、歌い続けてくださいまし♪

まさぼうさん、こちらのブログにリンク張ってもよろしいですか?
そして会場で撮った写真を貼ってもよろしいでしょうか〜?
by StudioDeluxe (2007-06-10 19:53) 

まさぼう

>StudioDeluxeさん
昨日は一仕事終えた後に見に来て下さいまして、ほんとにありがとうございます。ま、ぼくはあんな感じでピアノ弾くのが本業です。で、ほかに川探索ね。
昨日はホント、ガンガン写真撮っていただいちゃって「高くつくな・・・」なんて思ってたりして(爆)。
リンク、何の問題もありませんです。こちらこそよろしくお願いします。写真も、ぜひに。
by まさぼう (2007-06-10 21:21) 

StudioDeluxe

リンク&掲載許可さんくすです!
さっそくワシブログに書かせていただきましたのでおヒマな時によろしく〜〜。です。(礼)

http://blog.so-net.ne.jp/studio-deluxe/2007-06-11

まぁ、ワシ、パーティーとかライブとかなんだとかで、フツーのお客としてぢっとしてる、っつーことができないタチなんで、、、、右手にカメラ握って動き回らないと、、、えぇ。
職業病!?

しかし、所詮はコンデジですんで、ノイズばりばり写真ですいません。。。
by StudioDeluxe (2007-06-11 04:42) 

大輔

遅れました。
よかったですよ、直子嬢とのライブ(^^)
なんというかうらやましいっていう感じだったかも。
自分の持っているものを出すっていうところが特に。
~まさぼうらしい、直子嬢らしいっていうのが
すばらしいよね。自分は、無いなーたぶん。アンサンブル
の中でのバランスで少し共通したものはあると思うけども。
夏なんですは好きな曲でした。
原曲は道路がかげろうみたいにゆらゆらしていている
さまが好きで、あのライブもそんなイメージが浮かんだ
のでじーんときたね。
お疲れ様でした。
by 大輔 (2007-06-12 21:50) 

まさぼう

>StudioDeluxeさん
いえいえこちらこそ。こういう写真てあんまりないので大変ありがたいです。特に弾いてる時の指のアップはうれしいところ。ピアノ教室のページにも使わせていただきたい。

しかし、職業病ですね、それは。

>大輔さん
見に来ていただいて、ホントありがとうございました。
今回、今までの彼女とやったライブとのいちばんの違いは、「ぼくの色も強く出す」ってことだったわけでして。彼女らしさを消すことなく、自分の色を出す、というのが課題というか、根本というか。そういう場ですね。『と』というのは。
『夏なんです』は、きっとみんながそれぞれに自分の郷愁の中にイメージを持ってる曲ですよね。ぼくは小さい頃に育った富山の風景が出てきます。そして、それを弾いてます。
by まさぼう (2007-06-16 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。