So-net無料ブログ作成
検索選択

「おのれナポレオン」 [芝居]

さて、GWも終わりですが。
今年のGWは、というか「も」というか。ライブとリハで終始してた感じ。
そんな中、2日の昼に、本当に久しぶりに「当日券に並んで、立ち見で芝居を見る」と言うことをしましたよ。
大学時代にはよくやってたこと。
というか、最近は当時券の予約も電話になってるところが多いから、いわゆる「朝から並ぶ」ということ自体が無くなって来てるんじゃないかな、というのもある。
今回もそんな「当日券電話予約」なのかと思って調べたら「開館前はお並びいただけません」て書いてある。
てことは、並ぶのか。がんばるか。

でもって、見たのはこちら。
「おのれナポレオン」
8d51b60f9c1a8ad7cc317bbbe3997f7d-212x300.jpg
演劇界ではこれ、かなりな事件である芝居ですよ。
現代日本を代表する劇作家・演出家でもある野田秀樹が"役者として"他の人の舞台に出る、という。
しかも三谷幸喜の作・演出。
このことを、あまり芝居のことを知らない人に説明するのに、どんなたとえならわかりやすいかな、と考えてこういうたとえにたどり着いた。
「ユーミンが、小室哲哉の作詞作曲でシングルを出すようなもの」。わかりやすいでしょ。

ま、そんな芝居ですよ。見逃せないでしょ。
(そのわりに前売りでチケット取ってないっていうね。)

芝居の内容としては、ナポレオンの死にまつわる歴史ミステリー、というところ。
歴史好きで、かつ「古畑」的ミステリーを得意とする三谷さんならではのお話。

ここで野田秀樹はやはり「ナポレオン」の役なんだけど、ほかのところへ行っても野田秀樹は野田秀樹だなあ、と。
もちろん、その部分を全面的に出すことが三谷幸喜の目論みでもあるのはよくわかる。
いつもと違うのは、野田秀樹が「言葉で遊びださない」というところ。
野田秀樹と言えばそこも合わせて一体、みたいなところがあるからね。

そして、中世ヨーロッパのドレスなんか着ると天海祐希は本当にきれいだね。
華々しさの格が違う。

ま、まだ上演中だし、今週はライブビューイング付きの公演なんかもあるらしいのであえて内容に言及することはしないけど。
1カ所、演出で「うわ、すげぇ!!」ってトリハダたっちゃったところがあったよ。
ぼーっと見てると気がつかないことかもしれないんだけど、気がついちゃったらとんでもない、と。

おそらくこれもWOWOWあたりで放送しそうなので、またそれを楽しみにするとして。
パンフレットを買っておきながらまだ全然読めてないので、ちょっと落ち着いたらじっくり読みながら思い返そう。

で、一時期に比べて収入も少し余裕が出てるし、もう少し芝居も見に行こう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。