So-net無料ブログ作成
検索選択

たくらみvol.13 終了! [音楽活動 -たくらみ編-]

昨晩の「まさぼうのたくらみ vol.13」無事終了しました。
見に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
毎回弾き語りの時は「来てくれる人いるかなぁ・・・」と心細くなるのですが、
昨日もたくさんの方に来ていただけて、大変感謝です。

何より、本番数日前から風邪の気配、という情けない状況で。
いつもの流れだと「明日の朝には喉が腫れてるパターンだな」というのを察知して、
なんとかそうはさせぬ、と薬を飲んで、風呂にちょっと長めに浸かって汗を出したり、
寝る時にマスクをして乾燥しないようにしたり(寝てる間に無意識で取っちゃうんだけど)。
あとはのど飴舐めて。
なんとかだましだましで本番まで。

サウンドチェックの時には正直に、「今日はちょっと"風邪のど"です。」と白状したら、
PAを担当してくれた山田さんが「ローを強めに出してみます」と調整してくれた。
というか、もともとぼくの声はロー成分が非常に少ないんだよね。
なので、ボーカルとしては非常に弱い。
代わりに、コーラスを入れるとボーカルの邪魔をしない、という「コーラス声」なわけで。
ローを強め、というのは今後もお願いしていこうか、と思うキーワード。

そんな感じの今回のたくらみ。
お届けしたのはこんな曲。

<まさぼうのたくらみ vol.13>
1. カウントダウン (詞/曲:中田征毅)
2. ルート16 (詞:さかいきょうこ/曲:中田征毅)
3. flow (詞/曲:中田征毅)
4. マジック・カーペット・ライド (詞/曲:小西康陽)
5. 夜舟 (曲:中田征毅)
6. ひとりたびごっこ (詞/曲:中田征毅)
7. はる (曲:中田征毅)

1604385_580275692048042_1921936454_n.jpg

実は当初の予定はもうちょっと違う曲だったのね。
ここ数回のセットリストとはあまりかぶらないように、と思って選曲したんだけど、
ふと気になって今までのライブのセットリスト見直してみたら、数年前の2月のライブと、
半分以上曲がかぶってて。
多分、2月っていう頭で選曲すると自ずとそうなってくるんだなあ、と思いつつ。
気にしなければそれでもいいんだけど、その時に見に来てくれた人が今回も見に来てくれるというもんで、
ちょっと、曲を入れ替えてみた。
その結果、「おれの好きな音」「おれの好きなコード展開」を必要以上に推したリストになっちゃった。

いや、自分のライブだからそれでもいいと思うんだけど。
むしろ、人のライブでそれをやるより、自分のところで好きなだけ出せばいいことなんだけど。
それでも、ちょっと推し過ぎかな、ってサウンドチェックで気がついたりして。

出だしはね。今年最初、と言うこともあって『カウントダウン』
昨年末、ぼくの生徒さんであるサイトウヒロミさんが、自身のライブでカバーしてくれたことも報告しつつ。
2曲目に『ルート16』ってのもかなりがんばっちゃったよね。
この曲、前にも書いたけど原曲キーならすぐ弾けるのに、自分のために移調すると音がわからなくなる。
見に来てくれたあくまさんに「難しい曲を作るねぇ」って言われたよ。
『flow』は前回やらなかっただけなんだけど、この曲1回やらないだけでやたら「久しぶり」感があるんだよね。
音域としてはかなり高めの曲なんだけど、この歌だとわりと勢いで出ちゃうんだよな。
いただいたアンケートで「この曲にすべてが詰まってる気がしました」って書いてもらえて、ちょっとうれしかった。
この詞は今は書けないだろうからな。

さて、今回のカバーコーナーはpizzicato fiveの名曲『マジック・カーペット・ライド』を選曲。
本当に昔から好きな歌で、たまに聞いてて泣きそうになる曲なんだけど、
ある時ふと「カバーしてみよう」と思って。
昨年のわりと早い時期から「次のカバー曲はこれで決まり」と。
この曲の時間軸の使い方と、夢と希望とその裏側に隠されてる何か、みたいな感覚がものすごく好きで。
でも、やっぱりこの曲もお客さんの中には知ってる人はほぼなし。
この日のライブのお昼の回(夜もかな?)のブッキングを担当してたつなげや音舗の片貝さんは、
ぼくがサウンドチェックでこれを歌ったのを聞いて
「珍しいですね。男の人がピチカートファイブを歌うって」と言ってくれまして。

インストの『夜舟』と言う曲は、昨年夏〜秋くらいに何となくできた曲。
この手のインストものの曲ができたのは久しぶりかな。
メロディが流れて来た時に、水墨画のような、呂でこぐ舟がゆらゆらしてる雰囲気があったのでこのタイトル。
タイトル言ったら「渋いなぁ」って声が聞こえて来たよ。

で、『ひとりたびごっこ』はいつものようにぼくのお守りというか、刻印のようにね。

最後の『はる』も当初は違う曲のつもりだったんだけど、選曲をいろいろ変えてみたら、最後に来る曲がどうも見えなくて。
それで、今までのライブではやらなかったことなんだけど「インスト2曲」でもいいんじゃないか、って。
「ピアノももっと聞きたい」と言ってくれる人も多いしね。
ちなみにこの曲はかなり昔に一度ライブで弾いてる。
基本的にインスト曲は同じ曲を2回弾いてないんだな。
別に弾いたっていいよな。

てな感じにお届けしました今回。
思いがけず、数人から「声がやさしくなったと思う」と言われちょっとびっくり。
ロー強め、が利いてるのかな。
途中で声出なくなったらどうしよう、と心配してたけど、最後までちゃんと、というか最後に向かって開いて行ってくれた感じ。
「『flow』やっぱりいい歌ですよね」って言ってもらえたり。
あとはたいしたこと言ってないのにMC褒められたり。
「まさぼうさんはしゃべれるんだから、コミュニティFMのパーソナリティでもやればいいのに」って言われたのはちょっとおもしろいと思った。
できるものならやりたい。

ま、今年はね。
もう1回くらい弾き語りもしたいな、と思うし、
ここ数年やってない『と』もやりたいし。
もう少しオレソロ展開も考えていいかな、と思ってる次第です。

---
ちなみに昨日はぼく以外全員女性で、しかも衣装がなまめかしい感じ。
ぼくの後に歌ってくれたMIKIKOさんは、以前Doppoで誰だったかのサポートでピアノ弾いた時にもご一緒したんだけど、その時は着物来てたんだよね。
でも、今回は「どちらさまですか?」と言わんばかりの変貌ぶり。
おれ黒服の方がよかったんじゃないか、と思うほどで。
1622013_580275632048048_523025349_n.jpg
まつげバサバサ感が半端ないです。
「いちばん派手なやつください」と言って高いやつを買ったそうで。

ちなみに、出番終わって楽屋に戻ったら
「ピアノも歌も曲もすばらしかったです。思わずTwitterフォローしちゃいました!」
と言ってもらえたので、ぼくもその後Twitterフォロー返ししてみました。

----
ということで、
次回ソロライブの時も、みなさまどうぞよろしくお願いします!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。