So-net無料ブログ作成
検索選択

セッション的な夜 [音楽活動 -もろもろ-]

昨晩のTokyo Soul Unlimited feat.TKのライブ、無事に終了しました。
見に来てくれたみなさま、本当にありがとうございました。

TKさんを迎えてのTokyo Soul Unlimitedは、ぼくが加わる前に一度あったそうで、今回はその時のレパートリーも入れつつ、全く初めてのものもありつつ。

今回は、ライブをやると決まってから、なかなかリハのスケジュール調整が難しく、
全員がそろって音を出せたのって、正味1時間程度だったんだよね。
とにかくみんなのスケジュールが合わないもんで、最初にとりあえずボーカルTKさんとトロンボーンのKenさん以外で下地を作って。
次のリハではDoppo向かいのスタジオを使って、ドラム川崎さんは仕事の合間を見計らって1時間くらいだけ参加する、という具合で。
さらには当日のサウンドチェックもTKさんは間に合わないということで。

ま、ある程度の下地を作って、後はセッション的に、という感じでのライブになったわけだ。

-----
<Tokyo Soul Unlimited feat.TK in Doppo
1. Mr.Magic
2. Supersutition
3. I Want To Ta Ta You Baby
4. A Real Mother For Ya
5. I Don't Need No Doctor
6. Stormy Monday
7. Love and Happiness
en. (タイトル失念!)

Vocal / Harp : 横内TK猛
Sax : Tom Zinnen
Guitar : Paul Erik Lauritsen
Bass : 深山健太郎
Drums : カワサキヒロユキ
Trombone : Ken Ishiura
Keyboard : 中田征毅

----
まず最初に定番の『Mr. Magic』でバンド演奏。
その後にTKさんとKenさんを呼び込み本編開始。
3,4とJohnny Guitar Watsonの曲を続けてね。
『A Real Mother For Ya』なんかはTKさんの合図だけで次の展開へ移って行く、という形なもんで、リハでもあまりやらず、それだけに「最後どうするんだっけ?」みたいな、終わりに向かってのちょっとした緊張感があったり。
さらに、『Stomy Monday』とアンコールに関しては、サウンドチェックから本番までの間にやることを決めて、打ち合わせのみで一発本番、ということで。

いやぁ、しかし。
こんなにブルースでソロ弾いたことはなかったよ。
そもそもあまりブルースには縁がなかったからさ。ポップス畑なもんで。
ロックなものもあまりやらないけどね。
いつも見に来てくれてる方からは「今回はなんか新鮮だった」という感じで感想もらって。
そりゃそうだろうな。弾いてる本人があんまり見せない顔だもの。
というか、自分でもあまり知らない顔だもの。

それだけに、昨日はホントに自分に撮っても刺激的でおもしろいライブだったな。
いつもこんなではいけないんだろうけど、たまにはこういう「その場で作りました」的な顔も、ね。

ちなみにこの日の衣装は「黒を基調に」とのことで。
家でアイロンまでかけた黒シャツを鞄の横に置いて、そのまま忘れちゃったんだよね。
たまたま健太郎さんが「黒いシャツ2枚持って来てるからいいよ、貸すよ。」とのことで、貸してもらった。なければ合間にどっかで買っちゃおう、てくらいだったんだけど。
健太郎さん、お世話になりました。

そうそう。
バンマスのTomさんが基本的に英語しかしゃべらない人なので、TSUの会話は基本英語です。
健太郎さんは貿易関係でずっと海外相手に仕事してたのでベラベラなもんで、問題無し。
ぼくは、言ってることはわかるけど、言葉が出ては決ませんもんで。
ちなみにPaulさんももちろん英語で話すけど、実は相当日本語も慣れてる方なので、こちらには日本語で話しかけてくれます。
少しはしゃべれるようにしておかなきゃな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1