So-net無料ブログ作成
検索選択

たしなみ、ました。 [音楽活動 -たくらみ編-]

本日の「まさぼうのたしなみ」、無事に終了いたしました。
見に来てくださったたくさんのみなさま、本当にありがとうございました。

今回の「たしなみ」と言う企画。
オリジナルではなくカバーを中心としたライブ、というのは実は、ぼくが弾き語りを始めるにあたって当初から考えていたことだったんだよね。
オリジナル中心のライブと、カバー中心のライブ。これを2本立てで進めよう、という計画だった。
だけど、最初の2本をやった時点で「人様の歌を、そんなに軽々しく歌ってはならぬ。自分の歌もロクに歌えもしないのに。」ということがわかって。
それで2本立て計画は取りやめ。
そのうち、時期が来たら。「人の歌を歌っても大丈夫だ」と思える時期が来たらやってみよう、と。

昨年終わり頃か、今年の初め頃か。
ふと「そろそろ、カバーメインのライブをやってみてはどうだろう?」と思ったことがあって。
たしか今年の春のライブの時点で一度、迷ってるんだよね。どっちでやろうか。
で、その時はいつも通りの「たくらみ」で行くことにしたんだけど。
今回半年ぶりで弾き語りライブをやる、となった時は、ほぼ「カバーで行こう」と心は決まってたな。

ちなみに、カバーメインのライブを「たしなみ」と名付けたのはほんの思いつき。
で、たしなみなんだからいつもとは違う衣装にしなきゃ、と思ったもののいいものが思いつかず。
「浴衣?」とも考えたんだけど、なんかちょっと雰囲気が違うなぁ、と思ってやめ。
で、久しぶりに鍵盤ネクタイ。

さて、前置き長くなったけど今日のセットリストはこんな。

<まさぼうのたしなみ vol.1>
1. I Like It (De Berge)
2. 東京ライフ (KAN)
3. かがり火 (中田征毅)
4. ビルボード (大江千里)
5. Stardust (Nat King Cole)

-----
DSC_2680.JPG
(本番前に緊張しながらも、必死に口角をあげてる、の図)

出だしはアカペラはじまりで『I Like It』
初めてこの曲を弾くことになった時から「いつか自分で歌ってみたい」と思ってた1曲。
切ない歌だなぁ。ああ、やっぱりおれ"せつない"が好きな歌になるキーワードなのかも。
この曲も難しい歌だよね。かなり裏声に行くし。
サビの部分の歌詞が、1語出て来ないと続かなくなるし。
でも、ほんといい歌だ。

1曲目の後、ちょっと長めにおしゃべり。
何をしゃべったかというと、「今までの『たくらみ』で歌って来たカバー曲の変遷」をね。
せっかくのカバー企画なので、これを並べることで「まさぼうの音楽的趣向」を知ってもらうのもおもしろいかな、と思って。それぞれ1フレーズずつ歌いながら。
せっかくなので、ここにあらためて載録。

第1回 東京ライフ(KAN)
第2回 イノセンス(川村結花)
第3回 メロディ(KAITA)
第4回 TAKE IT EASY(THE BOOM)
第5回 イノセンス(川村結花)
第6回 I'm Not In Love(10cc)
第7回 The April Fools(Burt Bacharach)
第8回 Rain(大江千里)

見えますね。この人の好きな世界が。よく見えます。
で、この中から『東京ライフ』を久しぶりに歌ってみて。
あー、まだこの歌の領域には達してないな。いろいろと。
いつまでも目標となる歌ですよ、これは。

続けて今日唯一のオリジナル『かがり火』をね。
明日9/1から始まる「おわら風の盆」のことを歌った歌なので、こんな日にライブをできるなら歌っておかなくては、と。
加えて、この歌を、一切の説明無しにいきなり聞いてもらったらどんな反応をされるんだろう、という興味もあって。
カバー曲の中にまぎれてたらきっと、誰かの歌だろうという感覚で聞いてもらえるんじゃないかな、というのももくろみ。
で、結論。
何も説明しなくても「いい歌ですね」と言ってもらえたので、かなり自信をもちました。

そして、言葉の量が半端ない大江千里さんの『ビルボード』
これも前から歌ってみたかった歌の1つ。
千里さんの曲の中でも、(歌ものやってた時期の)かなり後期の作品になるんだけど、この曲は初めて聞いた時にガツンとやられた感じでね。
「この人はまだこんな名曲を生み出すのか」って。
今回歌ってみて、あらためて好きになったな、この歌。
しかしまあ、ノートに歌詞を書き写すのは大変だったけどね。細かい文字で見開きびっしり。
でも、言葉から本当に情景が見える。
こんな詞、かけたらいいなぁ。

ていうか、KANさんと千里さんは全部の曲を一度自分で歌ってみたい。
そうしたら何か秘密がわかるかもしれない。

そしてライブの締めは、これもいつか自分で歌いたいと思ってたスタンダード『Stardust』ね。
これもきれいな曲だよね。いつもピアノ弾きながら思ってるんだけど。
この曲はね、もう気分だけジャズシンガー。
なりきるような感じで歌わせてもらったよ。

と言った具合に、5曲。
途中、飲み物を取った手がすっごく震えてて「おちつけーーおちつけーーー」って念じながら。
後半に向かって喉も開いてった感じだったし。
全体的にキーが高めだったかなぁ、という反省もありつつ。

でも、終わってみれば、この企画はこれであり、と。
そんなに頻繁にはやらないと思うけどね。
しばらくはまた、いつもの「たくらみ」の中で1曲ずつ混ぜさせてもらうよ。

まだまだ歌ってみたい曲は山のようにあるんだけどね。
それらを一気に歌いたい!ってのが波のように押し寄せて来たら、
「たしなみ」も第2回をやってみると思うよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0