So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の調律 [音楽]

毎年1回、ピアノの調律をしてもらいます。
一般家庭での使用頻度なら、まあおおよそそんな周期でしょう。
リハスタとかライブハウスはもっと頻繁にやった方がいいと思うけどね。
ていうか、リハスタ、もっときちんとピアノのメンテしてくれよ!とよく思う。

さてさて。
今年は昨日、調律に来てもらいました。
実はここ最近はあんまり家のピアノを触れてなくて。
というか、消音ユニットをつけたことで、ふと夜遅くにヘッドホンして弾ける状態になったのをいいことに触ってはいるんだけど、弦を鳴らしてあげてないことが多くて。
しっかりピアノとして響かせてあげないとな、と思いつつ。

うちのピアノをここ数年調律してくれてる調律師の水谷さん。
実は昨年4月に、それまでいた大手楽器店の調律部門から独立して、今年は「フリーとして初めて」の調律。
ま、そんなこともあって、実際のメンテナンスに入る前に「確定申告について」のあれやこれやを話し込んでしまったりして。
「こう言う時って、どうしてますか?」とか「こう言う場合も経費にしちゃうんですか?」とか。
そういう部分では、一応先輩になるからね。

なんてことを話しながらも、ピアノの前面を外して、内部の微調整をして、そこから調律へ。
DSC_3352.jpg
ぼくもたいがい外では「まさぼうの耳は細かいから」とか言われるわけだけど、そんなのと比較にならない耳を持ってる職人さんだからねえ。
この数年、調律してるのは毎年脇でじっくり見させてもらってる。
昨年くらいだったかな?
「どこで判断して、合わせていくんですか?」ってことを聞いて、教えてもらった。
でも、おそらくそれって、職人ならではの頭の中の手順なんだと思った次第。
そりゃそうだよね、職人だもの。

というわけで、うちのピアノは今年もまたいい音になりました。
DSC_3353.jpg
昨年からフリーになった調律師の水谷さん。
この1年は会社時代から担当してたお客さんを引き継いで仕事をして来てるけど、
もうすぐHPなんかもがっちり作って、新たにどんどん担当を拡げていきます! とのこと。
もし、「ずっと眠っちゃってるピアノを再生してほしい」とか、「譲ってもらったピアノをメンテしてほしい」などありましたら、HPができるまではぼくの方から紹介いたします。
ご連絡くださいませ。

「HPができたら、中田さんの名前も載せさせてもらっていいですか?」
と言ってくださったので、おれ自身もっと、ピアニストとしてしっかり仕事しなくちゃな。
でないと、なんか申し訳ない。

がんばります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。