So-net無料ブログ作成
検索選択

愛されて、42年 [おのれをひもとく]

てなわけで、今年も下半期に入ったということは。
ほどなくしてこの日がやってくる訳でございますね。

2015年も7月7日となりました。
毎年「1:36も過ぎたので」と言って来たわけでありますが、
昨年、ぼくの生まれた時の母子手帳が出て来まして。
生まれた時間、「1:34」でした。2分、サバ読んでた。
DSC_3888.JPG
バースデーイブである6日に、今のお仕事=銀座ケネディハウスのステージにて、
5日が誕生日のドラムの竹ちゃんとともにお祝いしてもらいました。
メンバーの誕生日には「好きな曲やっていいよ」という時間が与えられてね。
竹ちゃんは自らギターを持って、太郎さんのギター、笹川さんのパーカッション/リコーダー、ぼくのピアノでたまの『さよなら人類』を熱唱。
ぼくは自分のオリジナルの『ひとりたびごっこ』を1人で弾き語り。
どちらも好評でしたよ。よかったよかった。

と言う感じで、すでにお祝いモードまっただ中なのですが。

42。
6×7。落ち着くような落ち着かないような。
7の倍数って、なんか狭間にいる感じが強い。

相変わらず、自分がオトナなのかどうなのかよくわからない。
ただ確実なのは、自分の好きなこと、自分の得意分野を仕事として活かせてる状況は
本当に幸せなことなんだ、ということ。
この状況に導いてくれたすべてのものに、感謝しなくてはいけない、と心底思う。

さて、いつもの年表に書き加えますかね。

2014年:41歳
「厄年なんて気にしなければなんでもない」と思ってはいたものの、年の後半になっていろんなことが起こって「これが厄年ってものなのか」と思い知る。
人生の終わりに音楽を送る仕事をしていたが、いろいろ思うところがあってその仕事を切り上げることを決める。

2015年:42歳
全く新たな気持ちで新しい年を迎え、さて風に吹かれるまま、と思ってたところ、思いがけないところからいい風が吹き込んで来て、新しい居場所をいただく。
いつ頃からか身につけた、「出来るだけニュートラルにいれば、どんな場所でも馴染むことが出来る」というのを改めて実感する。
そして「自分が身を置く環境は、自分が居やすいように整える」というのは、もしかしたらオトナのなせる技なのかもしれない、と感じる。
日々ハッピーに過ごして行きたいもんね。

----
甘えてるのか達観してるのか。
結局のところ、人生どこまで行ってもそんなの答えが出る訳ないじゃんね。
ならば、日々気持ちだけは楽しんで行かないと損だよね。
と、自分から笑顔になって行こうと思う42歳のスタートです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

いまふじ

中田先生、お誕生日おめでとうございます。
この一年も素敵なオトナの年になりそうですね。
こちらは50過ぎてもコドモの生徒ですが、末永くよろしくお願いいたします。
by いまふじ (2015-07-07 12:53) 

まさぼう

>いまふじさん
ありがとうございます!
ステキなオトナで奏でてまいりたいところです。
もしくはやんちゃ坊主でもいいのですが。

お互い、ステキな音を鳴らしてまいりましょう!
by まさぼう (2015-07-08 01:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0