So-net無料ブログ作成

ワンマンライブ終了!! [音楽活動 -びゅーちふるず編-]

先週末14日の、びゅーちふるずのワンマンライブ。
大盛況のうちに無事終了いたしました。
集まってくださったたくさんのみなさま、本当にありがとうございました。

今年のワンマンは、最初に提案されたセットリストがあまりに長かったので「再考」ということになって。
その後、かなりすっきりとした、しかし中身のかなり濃いセットリストが出来上がって。
そこから、多少の曲順の入れ替えはしたものの、あまり変更無く。
ここ数年の課題だった「2時間枠」を、もしかしたら収められるんじゃないの?というね。

実際には2時間15分くらいかな。
しかし、中盤から後半にかけて、今までに無いほどの駆け抜けラインナップのおかげで、
本当に時間が短く感じられてね。
気がついた時には「あれ、本編あと2曲だ!」ってくらいに。
いつもなら「ここまでやると大変だから途中でMCを」ってことになるんだけど、
今回は「これならMC入れずに駆け抜けたいね」ということで一致して、一気に。

わりとテンションあがってる開始直前の楽屋。
テンション上がってる、というか、だいたいいつも楽屋はこんな感じでにぎやか。


びゅーちふるずワンマンライブ2015
 「土曜の夜はハッスルファンキーナイト!!」>

1. ワンマンライブオープニングテーマ
2. 取り急ぎI Love You
3. Funky朝礼 ~ 朝ごはんの歌
4. みんな大好きモンチッチ
5. プチ癒しパラダイス
6. 恋の始末書
7. 不景気なんてぶっ飛ばせ
8. 今夜はカエサナイ
9. 夢の寿退社 (唄 : 秋葉原オタ子)
10. 夕暮れ
11. しょんぼりんこ日本海
12. びゅーちふるずのテーマ
13. 飲みニケーション ブレイクダウン
14. YES MAN
15. サラリーマン・エレジー
16. ハッスルファンキーナイト
17. 全力中年
18. 乾杯の歌

en1. 残業
en2. びゅーちふるトゥモロウ

Vocal : 桜 チョメ吉(さくら ちょめきち)
Guitar/Cho : 腹痛 純(はらいた じゅん)
Bass/Cho : 井矢志 マス夫(いやし ますお)
Drums : 野良里 蔵之介(のらり くらのすけ)
Tb. : 御方井 ひとよ(おかたい ひとよ)
Sax : 真戸口 ここよ(まどぐち ここよ)
Sax : 赤渕 きらり(あかぶち きらり)
Key/Cho : 唐田 春男(からだ はるお)
OL Dancer : 和影 到(わかげ いたり)
OL Dancer : 麦 ふみえ(むぎ ふみえ)
OL Dancer : 秋葉原 オタコ(あきはばら おたこ)
OL Dancer : 白米 ひかる(はくまい ひかる)
OL Dancer : 二夜 ニヤ子(にや にやこ)

-----
まず、オープニング後の1曲目に、6年ぶりくらいの『取り急ぎI Love You』を持ってきて。
この曲、一時期は「ロック色が強い」ということであまりセットに上らなかったり、
アレンジを軽めにしてみよう、などと試したりしたんだけど、
今は「行ける!」ってことで久しぶりの登場となったわけね。
ほかには、昨年はアルバム用の新曲として、CDで聞いてもらうまで秘密にしてた
『プチ癒しパラダイス』も、ライブ初披露。
振り付けも楽しい1曲になったね。
いつもライブの後半にいた『不景気なんてぶっ飛ばせ』を前半に持ってくるのもちょっと冒険。
『恋の始末書』との曲調の違いもねらいかな。

『今夜はカエサナイ』は、今回で卒業するオタちゃんからのリクエスト。
この曲、「カッコいい曲に情けない歌詞」という部分を一番色濃く出してる曲で、
演奏だけのカラオケだと本当にビックリするくらいカッコいい曲なんだよね。
歌詞があれだから笑える歌になってるけど。
大分前に一度リハで当たってみた時にオタちゃんがそれを聞いて
「こんなにすばらしい曲があったなんて!!!」と、出番を待っていたようだ。
続いての『夢の寿退社』は、だいぶ昔のダンサー卒業の時にも歌われた歌でね。
今回はオタちゃんバージョンに書き直してリアレンジ。

その雰囲気から一転、まじめなバラードの『夕暮れ』をおいて、
さらに一転、演歌の『しょんぼりんこ日本海』
本番前に蔵ちゃんと言ってたんだけど、「『プチ癒し』以降、曲調が全部違う」という。
『飲みニケーション』までそんな感じね。

一応、われわれの頭では『びゅーちふるずのテーマ』からが後半、という設定なのだけど、
なにしろこのあたりも全部一気に流してる途中なのでね。
テーマからそのままの勢いで『飲みケーション ブレイクダウン』に突入。
この曲もキメまくりで、演奏だけだと相当なレベルだと思う。
そして毎度の『YES MAN』でお客さんも巻き込み、
さらに『サラリーマン・エレジー』でだめ押し。
ここでようやくMC。
どんだけ駆け抜けるんだよ! という超強気な姿勢ね。
ここまでやったのは多分、過去にはなかったでしょう。

そしてシングル発売のお話をしてから満を持しての『ハッスルファンキーナイト』
間奏の"ギター vs ホーンセクション"もいつもより白熱して。
その熱のまま『全力中年』へ。

でもって、ある意味最大の強気姿勢。
本編最後を新曲で締めくくる、というね。
この新曲『乾杯の歌』は、とにかくわかりやすい曲をやってみよう、ということで。
最初にチョメさんが持って来た時よりも、だんだんとアレンジが固まるにしたがって、
「これは、びゅーちらしくて、結構肝になる曲になれるんじゃないか?」と。
そう言う点では『全力中年』が出来た時の感覚に近いかな。
終演後も、お客さんがもう口ずさんでるくらいに耳に残るしね。

とまあ、ここで本編終了となった訳だけど、相当な駆け抜けっぷりだったためか、
お客さんもあっという間だと感じてたのか。
「もう終わりか!」という気持ちの急かされ具合なのか、まだメンバーが退場しきらないうちから
『残業!残業!』と、残業コール。
ちょっとあせりすぎですよ、みなさん。

で、出て行って『残業』をひとまず1曲。
そこで退場するも、まだまだ残業コール。
そして、再び戻って、締めは『びゅーちふるトゥモロウ』をね。
新人ダンサー=ニヤ子ちゃんも参加してダンサー5人、という脅威。
さすがにそれだけの人数上がると身動きとりにくそうだよね。踊る、というのに。

いやもう、ほんとに駆け抜けました。
が、終演後の感覚では「同じステージもう1回できそう」というくらい、
そのくらい自分たちでもあっという間だったな。
見に来てくれた人も口々に「時間見たら2時間以上経ってて信じられない」と。

毎年、「今年のワンマンが今までで一番よかった」って思うけど、
今年もやっぱりそう思ったよ。
今回のワンマンは、おそらく後になってからも「あの年のワンマンはできがよかった」って
自分たちで思える一つのひな形になったんじゃないかな、と。

ということで、終演直後のびゅーちふるず。


やっぱりワンマンライブは楽しいな。

次回びゅーちふるずは年末12/27(日)。
元プラK店長、福ちゃんの企画で忘年会ライブ。
すごい面々の中でびゅーちふるずがトリを務めさせてもらうことが決まってます。
年末、発散したい方はぜひともいらしてくださいませ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0