So-net無料ブログ作成
検索選択

愛されて、43年 [おのれをひもとく]

さて。
今年も7月7日がやってまいりました。
夜中の1:34も過ぎました。
43年前の横浜本牧の小さな病院で、こんな夜中にこの世デビューしたんですな。

毎年、誕生日を迎えるときにはそれまでの1年を振り返ってみてるのだけどね。
43。
41から2年ぶりの素数ですね。素数としては間隔が短い。
どうでもいいか。でも、なんとなく、素数。

この1年、まあ一番大きいのは「ハコバン仕事を『仕事』とした」ということかな。
今のぼくには、これを『仕事』とすることが自分の役目で、そして今勉強すべきことなんだ、
と認識したというのかな。

この辺の話はまたあらためて書くとして。

今までのようなライブの活動とはちょっと変わってきてるけど、
自分の能力を活かせることを仕事としてできてること、
そしてそれを求めてくれる人と場所があるのはほんとに幸せなことだな、と思う次第で。

ただ、ここ数ヵ月でちょっと感じたのは、「求められること」に対応してるだけでは、
やはり自分も行き詰まるな、と。
たまには自分も放出しないと、健康的ではないな、とね。
つまりは、仕事は仕事として、それ以外の部分でもう少し「自分勝手」になってもよくはないか、と。
「自分のライブもやりたいので、その時期はごめんなさい」みたいなこととかね。
吐き出しポイントをしっかり管理していかないと。
バランス、ですな。

ということで、毎度の年表追加。

-----
2015年:42歳
それまでのスタンスと新しい環境との中で、いろいろと追われて慌ただしく日々を過ごした感。
自分がその負荷にどこまで耐久性があるか、というチャレンジにも似てたかもしれない。
とはいえ、その全てが音楽であることを感じて、あ、おれもここまでは来られたんだな、と、
ここまでの10年が報われた気もしている。

2016年:43歳
年の初めに「よし、今はこっちにシフトする!」と決めてハコバン仕事をメインと決める。
数年来の財政難が少々解消されて、今まで抑えていた物欲をちょっとだけ解禁。
少しだけ落ち着いて、自分の音楽の表現を改めて考えてみる。
自分の音楽を聴いて、心を動かしてくれる人がいるのだから、
そこももっと表に出していかなくてはダメだ、と密かに心に決める。

------
正直なところ、今から「大作曲家」になるのはもう年齢的に追いつけない部分があるでしょ。
でも、「作曲家」にはなれると信じてるんだよね。
ただ、今はそれよりも「鍵盤弾き」としての需要の方が強いのだ、と。
そして、そこで勉強することがいずれ産み出すべき曲たちの糧になるのだ。
そう考えてます。
ぼくの人生は、きっとそういう順序立てで進んで行くことになってるのだ、とね。

今身に起きてる全てのことは、次へのステップなのだ、と。
それらのことを受け止めながら、ただ流されるだけじゃなく、43歳を進んでまいります。

43歳のまさぼうも、どうぞよろしく。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

いまふじ

お誕生日おめでとうございます。
レッスン時、少しお疲れかなと思いましたが大丈夫ですか?
追いつけない、などとご謙遜を仰らず、是非大作曲家になられてください。”私の先生”ということで周りに自慢する予定ですので。(不出来な生徒で失礼ですが…)
これからもよろしくお願いいたします。
by いまふじ (2016-07-07 15:24) 

はとふみ

お誕生日おめでとうございます(=^_^=)

いやいや、まだまだ大作曲家目指せますよ!着実に、そのステップを踏まれているのでは、と。

確かに、バランスは大切ですね、何事においても。
by はとふみ (2016-07-07 21:55) 

まさぼう

>いまふじさん
ありがとうございます!
実は前回のレッスンの時、あまり体調が良くなかったです。
なんだか、申し訳なかったです・・・。
「私の先生」自慢をしてもらえるようなポジションになり上がれるように、ここからもがんばります!

>はとふみくん
ありがとうございます!
目標地点位到達するまでの、必要アイテムがどうもまだ揃い切ってないようです。
それゆえ勉強させられてる、という、そんな風に感じてます。
全部獲得できたらきっと表彰台があるんだろうな。

バランス、うまくとれるようにがんばります!
by まさぼう (2016-07-08 01:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。