So-net無料ブログ作成
検索選択

居酒屋ライブ [音楽活動 -もろもろ-]

さて、マクランドも終わったのでライブのことを残しておこうかな。
と思ったら、その前の先月末の由美子さんのライブのことを書いていなかった。
ちゃんとここに、先に書き残しておこう。

ボーカルの柏原由美子さんとは、いつもは彼女の1人ユニット名義「SOUL CANAPE」として
ライブをしてるんだけど、今回はちょっと趣が違う感じでね。
音楽仲間でもあって、今では行きつけの飲み屋の店主となってる片井英嗣さんからの、
だいぶ長年のお誘いで「ぜひうちの店でライブを!」というものがあったようで。
今回は初めて、しかもご主人の柏原悟さんとの連名でライブ。

ライブはまず、悟さんのギターと由美子さんの歌だけで数曲。
その後、悟さんがギタリスト/ボーカルの中野隼人さんを迎えて2人のステージ。
しばし休憩の後、由美子さんコーナー。という流れ。

<柏原由美子 in 月笑う>
1. My Foolish Heart
2. My Voice
3. One Note Samba
4. The First Time Ever I Saw Your Face
5. Smile
6. Louisiana Sunday Afternoon
7. New York State Of Mind
8. Loving You Was Like A Party
en. Stardust

Vocal : 柏原由美子
Keyboard : 中田征毅
Guitars : 白鳥正利 (3-8)
Guitar : 柏原悟 (8,en)

----
最初の2曲はピアノと歌だけでね。
静かなところから始めて行きたい、という由美子さんの意向で。
『My Voice』もあえて2人で。
で、3曲目からは実に久しぶりの共演となる白鳥さんのギターとともに。
もともと由美子さんと知り合ったのは、白鳥さんからのお話がきっかけだったんだよね。
すでに10年近く前の話だけど。
そんな白鳥さんとのトリオで、『One Note Samba』はギターを主体に、
それ以外はわりと伴奏部分をぼくが担当しつつ、ギターは上で遊んでもらう、
という形が多かったかな。
『Smile』のこのアレンジは、ぼくはもう何度もやってるので慣れて来てるけど、
白鳥さんはなかなか馴染まなかったようで、苦労してた様子。(気持ちは非常によくわかる)。
で、やっぱり一番きもちよく弾けたのは『Louisiana Sunday Afternoon』かな。
音の使い方も好きだし、リズムも気持ちいいしね。ギターとともに弾き倒しまくり。
恒例のラスト『Loving You Was Like A Party』は悟さんも一緒になっての大団円。

そしてその後、悟さんたっての希望で『Stardust』を。
「これが出来るようになると、なにかと便利だと思うんだよね」というところから。
たしかに、これうまく行ったら夫婦で十分いけますもん。

と、そんな感じの曲目ではあったんだけど、
なじみの飲み屋さん、ということもあって、かなり出来上がってる方も中にはいて。
感覚的には以前やってた荻窪でのBarライブと近いんだけど、
もう少しくだけた感じというかね。
みんないつものように飲みながら、大好きな由美子さんが歌ってくれる、という感じかな。
「MCが苦手で」という由美子さんも、普通に会話しながら進めて行かれる感じで。
和気あいあい、というやつですね。
ま、堅苦しくない分、演奏する側も気楽な気持ちでできたなぁ、って。

それにしても、本当に由美子さんはみんなのアイドルなんだなぁ、ってね。
西荻のみなさん、ほんとに由美子さんの歌が大好きなのね。

帰り際、由美子さんから「またオリジナル作りましょう」と。
ぜひとも!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0