So-net無料ブログ作成

山梨遠征2017 [音楽活動 -びゅーちふるず編-]

先日20日は、びゅーちふるずで山梨の山の方までちょい遠征。
「笛吹川源流まつり」という地元のおまつりにて、バンドで演奏。
バンドなんだけど、この日はすでにスケジュールの難しいメンバーもいて、
珍しく「ホーンセクション無し」のびゅーちふるずで。

会場は、チョメ吉くんの故郷である牧丘町からさらに山に向かってひたすら上って行って、
「うわ、すごいダムだ!!」ってくらい山に入って間もなくの、「道の駅 みとみ」。
あと3分車で走るとトンネルに入り、その向こうがわは秩父につながる、というそんな位置。
そもそも「源流まつり」というくらいなので、そりゃあ山です。
ただ会場からすぐに水辺という訳ではないので、それは残念だったけど。

イベント自体はいろんな催しがあって、少し下流のダムをボートで案内してくれるコーナーとか、
秩父につながるトンネルの測道抗を案内してくれるツアーとか、
非常にそそられるものがたくさんあったんだけど、
どれもライブの時間に影響してしまうので泣く泣くあきらめて。
そのかわり、そうした関連の展示ブースでパンフレット関係は全部いただいて。
いやいや、ライブをするために来たんですよ、と思い直して。

本番前のサウンドチェック。
今回は都合により、普段のライブとは違う音の出し方になるため、
サウンドチェックがかなり重要でね。
とりあえず、衣装になる前に全部セッティングから何からやってしまおうということで、
何も言わずに始めようとしたんだけど、なんとチョメ吉氏、大々的に
「みなさんこんにちは、びゅーちふるずでーす!この後ライブが始まりまーす!」
と名乗る。こらこら、まだまだみんな素だぞ。いいのか?
リーダーが言ってしまってるので仕方ない。
ここで本編のセットリストにはない『びゅーちふるずのテーマ』でお試し。
さらにもう1曲、1コーラス分くらいなんかの曲をやったんだけど、なんだったっけ?

というサウンドチェックを終えて、準備をがっちりして。
いざ本番。

<びゅーちふるず in 笛吹川源流まつり>
1. 働く人はびゅーちふる
2. Funky朝礼〜朝ごはんの歌
3. 笛吹川
4. 乾杯の歌
5. びゅーちふるトゥモロウ
en. 全力中年

Vocal : 桜 チョメ吉(さくら ちょめきち)
Guitar/Cho : 腹痛 純(はらいた じゅん)
Bass/Cho : 井矢志 マス夫(いやし ますお)
Key/Cho : 唐田 春男(からだ はるお)
Drums : 野良里 蔵之介(のらり くらのすけ)
OL Dancer : 麦 ふみえ(むぎ ふみえ)
OL Dancer : 前野メリー 熱子(まえのめりー あつこ)

ホーンセクションがいないので、ホーンのフレーズをギターや鍵盤で鳴らしつつ。
今回のトピックスとしては3曲目の『笛吹川』
これは、今回の出演に際して「川や水に関する歌を入れてほしい」というリクエストがあったのだけど、その手の曲は持ってないし。
何かカバーでも考えるか、と言ってたのだけど、チョメ吉くんが「曲作っちゃう」ということで。
ふるさとを思う人ならではの歌が生まれたね。
今回はバンドでやったけど、これ「ギターで弾き語りでも出来るようにしておきなよ」とね。
何かしらイベントとか司会で地元に戻った時に、1人でも歌えるようにしておくと喜ばれるだろう、
とね。
東京でお披露目することがあるかどうかは全く予定にないけどね。

でもって、今回ブラス抜きだったこともあって、予定曲以外にはリハせず。
だけどアンコールが来てしまって。
全員いればどんな曲でも即座に対応可能なんだけど、そうじゃないので曲も限られるし。
ステージ上で会議して『全力中年』で行くことにしたのだけど。
とりあえずぼくの頭の中は「ブラスのフレーズ、どんなだっけ?」ということのみ。
普段自分が弾いてるものと、ブラスのフレーズを取る場所と、
それを考えながらやってるうちにあっという間に終わった感じ。

そんなこんなで、開けてみればたくさんの人が集まって来てくれて、
そして終わった後もCDやグッズなどをたくさん買って行ってくださり。
びゅーちふるずはここでも愛されておりました。
20953116_1928315060762445_5801211584253152757_n.jpg
さてさて。
この日はお盆あけの日曜日。
帰りの中央道の渋滞が怖いなぁ、と思いながらも、やはりせっかくなら、
と温泉に寄ってからね。
実はみんなに内緒でこっそり見に来てたプラズマ11のDATCHYさんも、せっかくだから一緒に、と。
温泉で一度ノビて、そのまま食事して、同世代トークで盛り上がって。
中央道がひどそうなら元の道を戻って秩父回りで帰ることも検討してたんだけど、
わりと中央道も「普段と同じくらいの渋滞」てなことで。

という具合に、今年も山梨遠征を楽しんでまいりましたよ。

今年のびゅーちふるず、人前に出るのはここまでかな?
おそらく次は年明けすぐくらいになる予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。