So-net無料ブログ作成

年末選曲で [音楽活動 -もろもろ-]

相変わらず久しぶりのブログ。

先日23日は、久しぶりにキタムラナオコとデュオでステージ。
今年は4月にたくちゃん交えてトリオでやったけど、デュオとなると3年ぶりか?
それこそ、今回と同じ佐倉でのコンサート以来かもしれない。
えーずいぶん久しぶり!

こちらのコンサートは「佐倉東部地区社会福祉協議会」というところの主催で、
そのエリアにある障害者施設や障害者向け音楽教室、
手話サークルなどによる発表会的なコンサート。
キタムラナオコの、いわゆる義理のお母様がこのうちの1つ教室を開いていて、
毎年「ナオちゃんにぜひ歌ってもらいたい」ということで、みなさんに聞いてもらってるのね。
前回3年前の様子はこちらから。
そうか、この時点ではまだ「同居人」だったのか、もりおくんとは。
もりおくん自身は裏方さんとして、機材やPAを担当。
なのでサウンドチェックも安心ね。

思えばこの前一緒にやったのが4月で、ぼくが与論に行ったのが5月。
与論の話を直接してたようでしてなかったのね。
お昼にそばをいただきながら、与論の話をあれこれ。
いろんなこと思い出してまた楽しくなっちゃったりして。
(ライブしに行かなくちゃね。)

ということで、今回のステージでは3曲を披露。

1. The Christmas Song (Mel Tormé)
2. さようなら (Diva)
3. A HAPPY NEW YEAR (松任谷由実)

まずは季節柄『The Christmas Song』を。
他の曲とのバランスを考えて、以前にもやった、途中からリズムをつけて行くパターンで。
実は、われわれの出番の1つ前の方がものすごく緊張してらして、
そこから引き継いだら、なんとなくわれわれも妙な緊張感を引きずってしまい。
ちょっとところどころ危なかったな、ということも。

続く『さようなら』はもりおくんからのリクエスト。
谷川俊太郎/賢作親子の作品で、以前1回だけやったことのある曲なんだけど、
この時に聞いてたもりおくんが「ぜひ今回の場で」ということで。
「前回どんな風にやったっけ?」というところから入り、
まあ、こんな感じかね、というところに落ち着く、という。

ラストはユーミンの名曲ですね。
ナオさんのロングトーンも気持ちよく響いていい感じ。
久しぶりに弾いたけどなかなか会心のできだったかな。今回。

あっという間の3曲だったけど、みなさんリラックスして聞いててくれて。
もりお母も大変喜んでくれて。
やっぱり、ナオさんの歌はよいです。

自分たちの出番が終わった後は、ほかのみなさまたちの発表を楽しんで。
一番前に座ってたもんだからたまにステージにあげられたりしつつね。
毎年名物の「手話ダンス」のみなさまはほんとに見てて楽しいし。
なによりマネしてみたくなるよね、あれ。そしてちょっとした手話も覚えられる。
それと、今年もアコーディオンの方が素敵な演奏を。
やっぱりうちにあるアコーディオン、練習してみるかなぁ。

と言う感じで、年末。
ほっこりした空間で楽しいひとときでした。

来年は、ナオさんとがっちりライブしたいもんですね。
そろそろ。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

北村孝治

はじめまして、ナオコの父です。いつも、直子がお世話になっています。心よりお礼申し上げます。そして、心温まるブログをいつも拝見させて頂いております。遠く離れている娘の音楽活動を見守っていますが、あなた様のブログを拝見することにより、安心感を得ております。なにかとご面倒をかけると思いますが宜しくお願いいたします。時節柄ご自愛下さい。
by 北村孝治 (2017-12-27 11:27) 

まさぼう

>お父様
こちらこそ、はじめまして。
以前「お父さんが、中田さんのブログでわたしの予定をチェックしてるらしい」というお話を伺って以来、「読んでくださってるんだなぁ」と存じておりました。
ナオコさんの歌と一緒に演奏出来るのは、ぼくにとっても非常に光栄なことであります。
そのうち、秋田まで歌を届けに行く、なんていうのも面白いかもしれませんね。

今後も、がんばってまいります!

秋田も、だいぶ寒いようですね。
お父様もお体、気をつけてください。
by まさぼう (2017-12-29 03:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。