So-net無料ブログ作成
検索選択

たけちゃん [ひびのよしなし]

ケネディハウス銀座で一緒にやっているドラマーの竹村忠臣くん=たけちゃんが、この3月でバンドを去る。
気がつけばもうすっかり秒読み状態。

たけちゃんは、バンドの男性メンバーの中では一番年下で、そして一番でかい。
よく食べることでも有名だけど、たまに「昼にあり得ないくらい食べ過ぎて」と少食だったりもする。
(いや、それは少食とは言わないが)。
いつも笑ってて、穏やかな感じを装いつつ、ステージで豹変したりする。
かわいい2人の息子に自分の「臣」の字を継いでしまう。
チャームポイントであるはずのひげを剃ったことを、しばらく嫁に気づかれなかったりする。
通勤途中にYouTubeを見すぎて、毎月後半には低速の恐怖を味わう。
バンドにとっても、大変なムードメーカーで、たけちゃんがいるだけ空気が和む。

2年前にぼくが入った当初、覚えなくちゃ行けないことが多すぎて余裕が無かったぼくが、
「余裕が出てくれば、基本的には楽しいやつなんで」と言ったら「そんな気はしてます」と言ってくれて。
そして「ぼくに別に敬語とか使わなくていいですから。たけちゃんって呼んじゃってください」
と言って以来2年間、ぼくに対しては逆にずっと敬語でしゃべるたけちゃん。
楽屋でぼくがスマホを見てた時に、「すみません、画面が見えちゃったんですけど・・・」とすまなそうに言った後に、
「『ピタゴラスイッチ』お好きなんですか?」と投げかけてくれて。
その流れでステージ中にピタゴラスイッチネタをふんだんに取り込んで遊んだりもして。
ぼくが芝居をやってたという話の流れで「やっぱりZABADAKとか好きなんですか?」って、
ステレオタイプな質問を投げかけて来たり。
「ぼくも昔、芝居に絡んでた時期があったんで」ということで芝居話をたくさんしたり。

今のスーパーワンダーランドのメンバーの中では、
年齢的には、たけちゃんとぼくの間に笹川さんがいるんだけど、
多分「おもしろい、と感じるものの感覚」がいちばん近いんだよね。たけちゃんとは。
だから、いろんなところで気が合うし、話もしやすいし。

そんなたけちゃんと、昨年の夏頃だったかな。
ふと楽屋で2人だけになった時に、「実は次のことを考え始めてるんです」と。
でも、その時点でそれほど驚く感じでもなかったかな。

ハコバンを始める以前にメジャーデビューも経験してて、あちこちに知り合いがいるし、
いろんなところから声はかかるだろうし、彼を使いたがる人はたくさんいるよ。
でも、ハコバンやってる以上はそういう声にもなかなか応えられないし、
そういう状況が続けば周りも声をかけづらくなってくる。

もちろん2年間だけどやってきて、ほぼ毎日顔合わせてるたけちゃんがいなくなるのは寂しいこと。
でもミュージシャンとしての気持ちは、やりたい音楽をやりたい形でやるべきだ、ってね。
銀座で落ち着いたポップスを奏でたり、自身のバンドできれいな音楽をたたいてるけど、
根はTHE BLUE HEARTSを愛して止まないパワードラマーだ。
もっといろんな音楽に触れて、たたいて行けばいい。

今の仕事の時間的な制約を取っ払ったところで、もっともっとあちこち飛び回って、
どん欲に仕事すればいいよ。
まだ30代半ばだもの。

そんなわけで、
たけちゃんとケネディハウスで一緒に演奏するのはあと1週間です。
ぼくとたけちゃんがケネディハウスで演奏するのを見たい方は、この間に忘れずに、
見に来ておいてくださいね。

ま、きっとそのうち、銀座の外でたけちゃんとは一緒に演奏する機会が来るでしょう。
そう思ってますよ。ぼくはね。

バンドライブとソロライブ [ライブのお知らせ]

たびたび言ってるんだけど、ぼくが「自分のバンド」と言ったらそれは
"Sunny Funny"のことなのね。
もちろん今ではびゅーちふるずもほぼ同じ感じではあるんだけど。

Sunny Funnyは、1998年秋に結成したバンド(今HP見た)。
始めはコピーとかしながら少しずつリジナルを作ってたんだけど、
ある時期からはオリジナルの中にコピーを混ぜたり混ぜなかったり、というくらいに。
2005年まではコンスタントに活動してたんだけど、ボーカルの留学に合わせて、
2005年8月のワンマンライブをもって小休止。
そのあと、2009年にもほぼワンマン的なライブをがんばったりしたんだけど、
それ以降は開店休業状態。
さすがにこの年になるとメンバーの家庭事情とか仕事の事情とかでね、
なかなかコンスタントな活動が難しくて。

そんな状況でも、盟友バンドが
「Sunny Funny一緒にライブできませんか?」っていつも誘ってくれて。
毎回「今はちょっとまだ、状況としてなかなかねぇ・・・」とお断りしてたんだけど。
今回話をもらった時は「さすがに、ここら辺で一度きっかけ作っておかないと延々やらないぞ」って。
そんな感じで、ちょっと重い腰上げることにしました。

ボーカル/ベース/キーボード/ドラムという4人のうち、
今でもずっと音楽やってるのがぼくだけで。
ベースの大輔さんはここ数年、元々やっていたバンドが動き出してることもあって、
比較的ベースに触れている状況が出来てるんだけど。
ボーカルのこうちんは会社を立ち上げてすっかり社長さん業。音楽からは遠くなってて。
ドラムのぴろりんさんも、しばらくの体調不良の後、ほぼドラムには触ってない状況で。

てな具合なんで、とにかくスタジオで音を出してみて「思い出さなきゃ!」てところからスタート。
通常のライブのサイズまで持って行くのもなかなか大変だろうということで、
「今回は、とりあえず20分だけいただければよいです。」というサイズにしてもらい。
曲を絞り込んで精度を上げよう、ということに。
それでも、スタジオ入って「あの曲やってみようか」「あんな曲もカバーしたよね」
なんて感じで遊ぶと、意外にも指は覚えてたりしてね。
初期にやってたKAITAのカバーとか、何となくは弾けるもんで。

ま、そんな感じで20分だけだけど、Sunny Funnyでライブします。
久しぶりにSunny Fuunyに触れたい方、初めてだけど見てみたい方、
ぜひともいらしてくださいませ。
----
4/2(日)
<サクラサイタFES 2017>
四谷 SOUND CREEK Doppo
12:00 open/12:10 start
出演 : Speakeazy / the EGG / KARASHI / Sunny Funny / Supermarkets
charge:1500yen+drink


Sunny Funny
Vocal : 鐘江康一郎
Bass : 菊地大輔
Keyboard : 中田征毅
Drums : 今井弘幸

見に来てくださる方はぜひとも、事前にご一報ください。
20分のために来ていただけるとなれば、少々サービスを考えておりますので。
----

ところで、4/2にSunny Funnyでライブをした2週間後には、
同じSOUND CREEK Doppoでぼくの弾き語りソロライブもあります。
半年ぶり、かな?
Sunny Funnyのこといっぱい書いちゃったので、こちらは軽くご案内だけ。

----
4/16(日)
<まさぼうのたくらみ vol.16>
四谷 SOUND CREEK Doppo
open12:30/start13:00〜
前売/当日¥2,700 (1drink込み)
-----
こちらもお待ちしてます!

オンリーワン・シアター「初めて自転車に乗れた日」 [芝居]

「過去は振り返らずに、前だけ見て進みなさい」
というのは、歌なんかでもよく言われてることだけど、
ぼくには大切にしてる過去もたくさんあるので、たまには思い返します。
ただ、それは「あのときに戻りたいな」とかって浸るわけではなく、
多分、その時の自分と今の自分の距離を測るためなんだと思う。

ということで。

たびたびぼくが名前を出す、ぼくが大学在学中からやっていた自分たちの芝居組
オンリーワン・シアター
偉そうな言い方になるのでこの言い方は避けて来たけど、
言ってしまえば「ぼくが主宰してた劇団」ということになる。
そのオンリーワン・シアターの2作目「初めて自転車に乗れた日」を上演したのは
1997年3月7〜9日
そこから20年、経ったわけだ。20年、経ったのだねぇ。

この話を書いたのは、ぼくが大学4年の、卒論を書き上げた後。
あとはもう卒業式を残すのみ、という時期に、卒業旅行に行く代わりに
芝居をやったわけだ。
そんな時期に書いたものだから、
意図せず「学生を卒業して社会に出る不安と疑問」に満ちている。
満ちている、というか、書き上げた時に話のすべてが”問いかけ”で、
一切その疑問に答えを出さずに未来に期待だけをして終わってることに気がついた。
その時期の自分が何かものを言うとしたら、そういうことしか言えなかったんだと思う。

もともと、なんとなくタイトルを「初めて自転車に乗れた日」にしよう、
ということは決めてた。
ただ、それがどんな話になるのかなんて、まったく決めてはいなかった。

この1年前、旗揚げ公演「10000ピースのミルクパズル」を書いてる時期に、
深夜のフジテレビでやってた「NON FIX」というシリーズの
「きむ・むいののこしたもの」というドキュメンタリー番組をたまたま見て。
在日朝鮮人であるライターのきむ・むいさんという方が、
祖国である北朝鮮を批判する記事を書きながら、一度その実態を自分の目で見てみたい、
と渡航の申請を出すも受け入れられず。
「どうしても行かれないんですよ」と酒の席で悔しがっていて、
その後渡航できないまま亡くなった、ということを、本人映像一切無しで番組は作られていて。
この番組のことがなぜかずっと心の中に残ってて。
(今でもこの番組はもう一度見てみたいと思ってる。)

ある日、夜になかなか寝付けなくて布団に潜りながら、なぜだか無性に、
自分が小さい頃に住んでいた富山に「今すぐ行きたい!」と焦がれるように
思ったことがあって。
あの気持ちの素がなんだったのかいまだによくわからないんだけど。

それからしばらくしたら、自分が無性に富山に行きたくなったこと、
ドキュメンタリー番組のこと、
それが重なって「行きたいのに行かれない場所」というイメージが出来上がってきた。
そこに、「まっすぐ前に進みたいのに、なぜか右へ左へ曲がってしまってうまく進めない」
という、初めて補助輪を外して自転車に乗る練習をした時のことが結びついて。
そして「初めて自転車に乗れた日」という芝居の一番の下地が出来上がった。

話は2人の姉妹と、姉の婚約者、姉妹のいとことその友達2人、という6人が、
姉妹の引っ越しの手伝いをしている、という70分。
最終的に、部屋に何も無くなって「じゃね」と挨拶をして出て行く、というエンディング。

「引っ越しの最中に話をし過ぎだ」とか、「話にいちいち言い訳をしてる」とか、
いろいろと批判はいただいた。
もちろん芝居という形で見ていただいてるので、その辺は言われて当然だ。
でも、なんというか、
ぼくはとにかくここで、自分自身の決意表明のようなものを
ただただ出しておきたかったんだと思う。

-----
「自分のやりたいことに向かうのって、そんなにいけないことかな?
  世間的にいけない人間なのかな?」
「・・・まあ、いろいろ言われちゃうのはしかたないんじゃない?」

「ただね、おれ、この先どんな風でも、自分が間違ってないって思える限り
  後悔はしないと思うんだ。
  正しくはないかもしれないけど、間違ってはないと思ってるからさ。」
「ごめんね。あたしは何も言えないけど、応援ぐらいはしてあげるわ。」
「ありがとう。」
-----

自分の言葉を一番信頼してた役者に言ってもらった。
自分で言うには、多分重すぎたんだろうな。

確か千秋楽を終えて、みんなで和を組んだ時にぼくは、
「この芝居を、40を過ぎてからまたやったとしたら、自分がどんな風に感じるのか、
 答えが出てるのか、試してみたい」
って言った気がする。

実は図らずも、ここから5年後の2002年5月に「180℃」という芝居を書き、
そこで一度その答えを出し切っている。
これもまた自分の決意表明のような芝居だったんだけど。
全部書き上げて、公演を終えて、
「あー、『自転車』で投げかけたことに答え出してたわ、これ」と感じたような。

もしかしたらそこからまた考え方が変わってるかもしれない。
もし変わってたとしたら、もう無理だと思ってた「次の脚本」が書けるのかもしれない。

つぶやきから見るおれの2月 [つぶやきから見る]

2月があっという間に去って数日。
仕事帰りにiPodで何聞いてるかをぽろっと言ってみたりしてるんだけど、
意外にも「PSY・S聞いてます」にものすごい反響があったり。
(3月入ってからの「崎谷健次郎聞いてます」にもかなりの反響が。)

そんな感じで、2月はこんなでした。

----
2/1
○きさらぎ、っすな。
○この前ふと気づいてからは、積極的に「自分の好きな音楽」を聞くようにしてる。好きな音楽を聞く、ってメンタルに非常に重要。
○「聞かなくちゃいけない」ってなると、なんかその音楽にも申し訳ない気がする。もちろん、それを好きになればまた違うんだけどね。それより、たくさんある「自分の好きな曲」の効力は大きい。

2/2
○やられた。「2番あるのかよ!」「ラップ入るのかよ!」とツッコミながらここまで来ると気持ちいい。『潜るよ』がかなりツボだった。https://t.co/x2becWCtuS

2/3
○なんとなーく久しぶりに遊佐未森なんか聞きながら帰る。『GRACE』のシングルは長らくアルバム未収録だったよねぇ。

2/4
○ピアノ、あいてます。 https://pic.twitter.com/lg97LoaRZp

2/6
○こういうの、好きです。∥長野と埼玉の接し方がロマンチック過ぎて「恋が始まってしまう」と盛り上がる人々→他県からは嫉妬の声も「でも長野は浮気性」 togetter.com/li/1077646
○なんか、こういうの見つけると買っちゃうよね。 https://pic.twitter.com/QEjMGhU0ZU
○スペシャルオーイェー! https://pic.twitter.com/kKoLfGqevW
○大スペシャルオーイェー。https://pic.twitter.com/vlcQ3RmnGz
○今日の帰りのお供は鈴木祥子。時期によって全然違う音楽だったりするけど、わりとどの時期の曲も好きです。

2/7
○くるたびに どこかがちがう 渋谷駅

2/8
○このところ、何かの催しでもあるのか、って感じで駒沢大学の駅に人が多くて駅員さんが人員整理に忙しくしてるんだけど、今日気づいた。大学入試の季節じゃんね。
○この時間の赤坂見附駅銀座線ホーム(浅草方面)の駅員さんの発声がものすごく良くできてて、いつも乗り換えるたびに感心してしまう。役者でもしてたんだろうか。もしくは声楽科出てるか。
○HMVの新店舗は吉祥寺か!プラKの時の散歩コースが増えるじゃないか!
○今日の最終ステージは史上初!持ち歌2曲のおれが2曲ともひとつのステージで歌う、という。
○そしてなんとなく大江千里を聞いて帰ってるのだが、思えばこの前から遊佐未森、鈴木祥子と来て大江千里。たしかその前の日はくじらだった。見事にEPICなおれ。明日はCharaでもきくかな。

2/9
○おお!宇多田さんがEPICとは!!
○今日の帰りはEPICつながりから離れて、人に勧めた新居昭乃を。ふわっとしみじみ、な感じで。

2/10
○毎度の帰り道BGM報告。本日はMy Little Loverの巻。

2/11
○今日は、歩いてても肩すくめなくてよいですな。ではリハに行ってきます!
○こんにちは。Sunny Funnyです! https://pic.twitter.com/JX8IHt19r8
○新メンバー入り。(ギタリストか?) https://pic.twitter.com/pUreOCnxkG
○人身事故の影響でダイヤが乱れ中の田園都市線。乗っていた普通電車が急行電車に変わってた。気づかなかったら二子まで連れていかれるところだった。
○以前、ぼくがピアノを弾いて、姉と妹をボーカルに立てて兄弟3人でライブをした時に、『ひとつだけ』を選曲させてもらいました。両親が聞いてる前で2人のデュエット。「離れている時でも わたしのこと思い出してほしいの」。親孝行しました。

2/12
○ということで、マクランドライブ、もうすぐです! https://pic.twitter.com/hdD9kZDtzG
○マクランドワンマンライブ、大盛り上がりの中終了しました。見に来てくれたみなさん、ほんとにありがとう!
○そして帰りのBGMはまた斉藤さん。冬場は斉藤由貴を聞きたくなるんだよね。ただいま、マイベスト3に入るくらい好きな『Doll House』を聞きながら田園都市線。

2/13
○本日の帰り道BGM報告。1991年までのEPO。EPOは91年までと92年からでフォルダを分けている。どちらも好きだが、聞きたくなるモードはだいぶ変わるんで。
○というかEPOさんの「HI・TOUCH - HI・TECH」以前のアルバムをリマスター盤で買いそろえたい。
○で、MIDIは「Go Go EPO」以降もちゃんとリマスターシリーズを完結させてほしい。

2/14
○銀座線、レトロな内装の電車が来てちょっとわくわくする。
○なんとなくふわっと決まってふわっと報告しますが、4/16日曜日の昼に四谷Doppoで弾き語りします。オレソロです。よろしくです。
○毎度の帰りBGM報告。今日は熊谷幸子さんで。この人の音楽を聞いてると、ほんと「自分の好きな音を出しちゃえばいいじゃない」という気持ちを後押しさせられる。
○そうだったそうだった、今日だったね。 https://pic.twitter.com/KwaCtUFv9K
○昨日話をしていて「あー、それまだ聞いたことないんだよなぁ」と思ってたCDに、偶然にも今日であってしまい買いました。好きな方からしたら「聞いてなかったの!?」て言われそうだけど、今はじめて聞いてます。 https://pic.twitter.com/goyzYz1YYJ
○仕事柄、この時期は甘いものたくさんいただきます。この時間のコーヒーのおともにさせていただいてます。みなさん、ありがとう。

2/15
○本日の帰り道BGMは小泉今日子。帰りの気分としてはアルバム「No.17」以降の曲がよい感じ。アイドル期はそれでもちろん面白いけど、音楽的には「KOIZUMI IN THE HOUSE」あたりからが俄然おもしろいな、と。

2/16
○今週のヤマ場が終了。うまく行けたかな?

2/17
○ふと気がつけば、Something ELseが解散してからもう10年経っちゃってるのか。解散ライブは行きたかったのだが都合で行かれなかったことが悔やまれる。
○今年のおれはもう過去のおれとは違うぜ! https://pic.twitter.com/8iAW0ckW9C
○学大のハイサウンズ跡地。また空いている。 https://pic.twitter.com/CCsU3Dx9zw
○この気温で、さっき出かけた時は軽いジャケットだけで出ちゃったわけだけど、帰りが夜中になることを考えると、この後出るのにはやっぱりコートを着ておいた方がいいんだよね、きっと。
○あ、で、やっぱり今日のこれ、春一番認定なのね。

2/18
○渋谷で何気なく乗った電車が急行でした。池尻大橋を通過してる時に気づいてよかった。
○本日の帰り道BGMは久しぶりに聖子ちゃん。聖子ちゃんも時期によってフォルダ分けしていて、今日はアルバム「Citron」までのフォルダで。というかやはり、これ一番聞く頻度が高いわけで。まるでミュージカル。
○『両手のなかの海』を、いつか矢野顕子ご本人の弾き語りで聴いてみたい。ものすごく聴いてみたい。
○ちなみに『ティーンエイジ』に関しては、アレンジはどうあれ大貫さんが歌ってるのを想像するのはわりと簡単。

2/19
○シンガポールフードフェア開催中の海南鶏飯食堂へ。どの料理もほんとにおいしい。もう、満腹すぎます。 https://pic.twitter.com/CAJGuH5rFj
○シローさん、今日もごちそうさまでした!! https://pic.twitter.com/2vBeM75s0t

2/20
○田園都市線、ダイヤ乱れ中。さてどうなる。とりあえず渋谷まで行っておく。
○とりあえず渋谷駅まで来たが、次に電車が来ても到底乗れないだろ、ってくらい人があふれてる。
○朝のラッシュのピーク並みの電車に詰め込まれながら、ひとまず無事に駒沢大学到着。

2/21
○このこと、考えてほしいわ。切に。∥飲食店を全面禁煙にすると人々の健康や店の売上はどうなるのか https://t.co/7q3SV1uhLy
○前もそんな結果が出てたっけね。∥あなたは 発明家(innovator)タイプ https://t.co/fmaHZu3hZo #アオヤマ式アドバンテージ分析
○今日の帰り道BGMはSomething ELse。たくさん聞いたなぁ、と思いながら久しぶりに聞き直す。いいよね、やっぱり。決してあかぬけてはいないけど。
○昔の職場で、『ラストチャンス』のイントロが流れたときに「シカオちゃん?」て言った子がいて、みんなで「すばらしい!」って褒めたんだけど、改めて聞くと森俊之感はんぱないな。
○ついでにいうと、まだキリンジが出てくるより前に『あの日の雨と今日の雨』の音使いが好きすぎてたまらなかったんだけど、その時点でおれは富田恵一の洗礼を受けてたんだな、と。そう考えるといろいろ先取りしてたグループだったんだな、サムエル。

2/22
○今日もレトロ仕様。 https://pic.twitter.com/Ko3ExkmMJ4
○今日の帰りは明菜ちゃんで。シングルもいい曲多いけど、シングルには出てこないいろんな明菜ちゃんをアルバム曲で楽しむ。同じ人の歌とは思えなかったりする繋ぎがおもしろい。

2/23
○延期未定になったために予約キャンセルの連絡が来た。いつか、ちゃんと出てくれるかな?|ジョージ・マイケル『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス』の4枚組25周年記念盤が発売決定!https://t.co/YS14nDFgs3
○昨日、生徒さんと話をしていて「先生ピアノ弾きはじめてから何年ですか?」と聞かれて「えーと…あ、40年だ!」とはじめて気がついた。「先生、今年なにかやらなきゃ!」ということだが、たしかになにかやってもいいかな。
○今日はPerfume聞きながら帰宅中。途中渋谷のTSUTAYAに寄ったりもして。
○しかもベイビーだいじょばベイビーだいじょばいやいや
○90年代の渋谷系サブカルの波を浴びてきた世代なんでね。何て言うか、無視できない何かがあるのですよ。#オザケン https://pic.twitter.com/AazRiF6qEv
○で、これ。『流動体について』は『僕らが旅に出る理由』→『ある光』の流れの延長にしっかり乗ってますね。『神秘的』は『夜と日時計』→「Eclectic」の発展形という感じ。

2/24
○なんか、ぐにゅぐにゅっとするなんとも言えない感覚。|ピアノの半音をさらに細かく分けた「微分音」ピアノの音が不思議な感覚で楽しい!「不安を掻き立てる音」 https://togetter.com/li/1084311
○タイムラインがオザケンで埋め尽くされてる。帰ったら録画したやつを見るのだ。

2/25
○ラジオの収録を終えて、今から銀座へ向かいます。はるおからまさぼうへ。
○あ、今日はPSY・S聞きながら帰ってます。

2/26
○渋谷のレコファンにて、絶版でわれわれも在庫なしになってるびゅーちふるずの「日本ハッスル化計画」発見。気になる方はチェックですね。
○「またそういう楽しそうなところに!」っていう、今日。 https://pic.twitter.com/jgaYOmAW6T
○もはや本田さんに仙人感があるのではないかと。#地図ナイト https://pic.twitter.com/uO7bMDmsdR

2/27
○ここ2日ほど、風邪薬飲んでます。市販のやつだけど、やっぱりちょっと眠くなる。病院で出してもらうやつは強烈に眠くなるのでちょっと避ける。で、まあ今もちょっと眠いわけです。
○そもそも薬を飲んでいようといまいと、午後の時間は眠いんだけどね。春眠一日中覚えず。
○本日は峠恵子さんのボーカル。最初のステージからカーペンターズをいい感じで歌ってくださってますが、楽屋ではなかなかぶっ飛んだトークも始まってます。もうすぐステージでもぶっ飛んでくださると思います。

2/28
○丸ノ内線銀座駅にて、銀座線の回送車両通過。ちょっとアガる! https://pic.twitter.com/QTLa89GmKc
○本日の帰りはオリジナルラブ(バンド期)です。
○(そういえば昨年は『接吻』歌ったっけね。)
○ケネディハウス、2月の最後の曲は『春よ、来い』できれいにとじました。明日から3月。
○もうすぐ、月が変わります。by 2355

-----

ま、無難にこなしてた感じだね。
音楽と電車のネタばっかり。

3月もがんばります!