So-net無料ブログ作成
検索選択
ひびのよしなし ブログトップ
前の10件 | -

「おつかれさま」にひそむもの [ひびのよしなし]

この前「おつかれさま」という言葉についてTwitterでつぶやいたのだけど、
やはり少々物議をかもしたもので、ここであらためて整理しておく。

まず、「おつかれさま」と言う言葉は「同じ立場にある人」同士のねぎらいの言葉である、
というのが重要ポイント。
同じ会社の人、同じプロジェクトで働く人、同じ舞台に立つ人。
そういう間で交わされるねぎらいの言葉、なんじゃないかな。
ぼくで言えば、一緒に演奏をするバンドのメンバー、同じお店で働いてるホールスタッフ。
バックヤードでとなりのお店の店員さんに会えば、「お互い、今日もお店がんばってますね。」
という感覚で同じ立ち位置から「おつかれさまです」って交わしたりもする。
たとえば、ふらっと飲みにでも行って、となりに居合わせた人とグラスを合わせるなんて言う時は、
暗黙のうちに「おたがい労働者として今日も1日がんばりましたね」という、
ごく一般的な社会におけるお互いの立ち位置をフラットにしたところで
「おつかれさま」って言ったりもするよね。

これが、明らかな立場の差が出る場所では「おつかれさま」は「ごくろうさま」の意味合いに変化するんだよ。
言う側と受ける側の立ち位置の関係で、大きくそれは変わってくるのだ、と。

たとえば、客としてお店に入った時に、店員さんに「おつかれさま」とは言わないでしょ。
そこで「おつかれさま」って言ったら、
そこには「私に対するサービスを提供してくれるあなたの労働をねぎらいます」
みたいな感覚が生まれるからね。
お店の人は「おつかれさま」って言うかもしれない。
例えばビールでも差し出しながら客に「お疲れさま」と言ったなら、
それは「今日のあなたの外での労働をねぎらいます。ここでゆっくりなさってください」
と言った意味合いになるわけで、それはそれでありだと思うんだけど。
(別の言い方の方がいいと思うけどね)。

違う例で言えば、病院に行った時に、診てくれたお医者さんに対して
「おつかれさま」とは言わないでしょ。あきらかな立ち位置の差があるからね。
想像するだけで、それはおかしいと思うよね。
何かを習ってたとして、自分の先生に向かって「おつかれさま」も言わないでしょ。
おこがましいもん。
先生の方はきっと言うよ、講義の最後に「おつかれさまでした」って。
その間の時間、がんばりましたね、っていう意味で。

「おつかれさま」って言葉には、そうした意味合いの変化が存在する、
ってことをわかってなくてはいけない、とぼくは思うんだよね。
わりと使い勝手のいい言葉だから、無意識に会話の枕詞として使いがちだけど。
そこに立場の差が存在する時には、極力避けるべき言葉である、と。

お店で演奏を終えた後に、お客さんからたまに言われることがあるんだよね。
「おつかれさま」って。すごく笑顔で。
そのとき、やっぱりモヤッとするんだよね。
その人に他意や悪気はないんだろうけど、客から演者に「おつかれさま」という時には
「私のことを楽しませてくれるあなたの時間と技術の提供をねぎらいます」
というニュアンスは生じてしまうんだよ。

もう1つね。
実は客と演者の間での「おつかれさま」には別の意味が加わることがあって。
「おつかれさま」は同じ立場にいる人たちの間で使われる言葉、と言ったでしょ。
客側から演者に「おつかれさま」と言う時にね、
その「同じ立場」にありたいという願望のようなものが生じてることがあるんだよ。
「客」と「演者」というその線を飛び越えたい、
という思惑がこの「おつかれさま」には多分に含まれてくる、というね。
「ファン」としての思いが強くなるほどこの傾向は強くなる。
だから演者側は、今度はそこに「困惑」を覚えることがある。

特にぼくは、「演者」と「客」の間には、たとえ仲良くなろうとも
確実に線を引いておかなくてはならない、と思ってる。
(昨今使われる「一線を超える」の「線」とは別だよ!)
「演者」にはその意識が必要だし、「客」もむやみに踏み込んではならない、
という意識を持ってなくては興行は成り立たなくなる。

それだけに、「客」側から「おつかれさま」と言われることに、ぼくは非常に違和感を感じる。
さすがにその場で顔には出さないけど。

なんか、小難しいこと言ってるなぁこいつ、と思われてもかまわない。
ただ、言葉の持つ意味合いって、思ってるより重要なことなんだよ、ということ。
使い方を間違えると命取りにもなるんだよ、ということ。
その辺、日々気をつけないといけないな、とあらためて自覚しようと思う次第。

ちなみに、ある時期からぼく「了解です」も使わないようにしてます。
なんでか、くわしく知りたい人は適当にググってください。
どこかに答えが出てますから。
nice!(0)  コメント(1) 

たけちゃん [ひびのよしなし]

ケネディハウス銀座で一緒にやっているドラマーの竹村忠臣くん=たけちゃんが、この3月でバンドを去る。
気がつけばもうすっかり秒読み状態。

たけちゃんは、バンドの男性メンバーの中では一番年下で、そして一番でかい。
よく食べることでも有名だけど、たまに「昼にあり得ないくらい食べ過ぎて」と少食だったりもする。
(いや、それは少食とは言わないが)。
いつも笑ってて、穏やかな感じを装いつつ、ステージで豹変したりする。
かわいい2人の息子に自分の「臣」の字を継いでしまう。
チャームポイントであるはずのひげを剃ったことを、しばらく嫁に気づかれなかったりする。
通勤途中にYouTubeを見すぎて、毎月後半には低速の恐怖を味わう。
バンドにとっても、大変なムードメーカーで、たけちゃんがいるだけ空気が和む。

2年前にぼくが入った当初、覚えなくちゃ行けないことが多すぎて余裕が無かったぼくが、
「余裕が出てくれば、基本的には楽しいやつなんで」と言ったら「そんな気はしてます」と言ってくれて。
そして「ぼくに別に敬語とか使わなくていいですから。たけちゃんって呼んじゃってください」
と言って以来2年間、ぼくに対しては逆にずっと敬語でしゃべるたけちゃん。
楽屋でぼくがスマホを見てた時に、「すみません、画面が見えちゃったんですけど・・・」とすまなそうに言った後に、
「『ピタゴラスイッチ』お好きなんですか?」と投げかけてくれて。
その流れでステージ中にピタゴラスイッチネタをふんだんに取り込んで遊んだりもして。
ぼくが芝居をやってたという話の流れで「やっぱりZABADAKとか好きなんですか?」って、
ステレオタイプな質問を投げかけて来たり。
「ぼくも昔、芝居に絡んでた時期があったんで」ということで芝居話をたくさんしたり。

今のスーパーワンダーランドのメンバーの中では、
年齢的には、たけちゃんとぼくの間に笹川さんがいるんだけど、
多分「おもしろい、と感じるものの感覚」がいちばん近いんだよね。たけちゃんとは。
だから、いろんなところで気が合うし、話もしやすいし。

そんなたけちゃんと、昨年の夏頃だったかな。
ふと楽屋で2人だけになった時に、「実は次のことを考え始めてるんです」と。
でも、その時点でそれほど驚く感じでもなかったかな。

ハコバンを始める以前にメジャーデビューも経験してて、あちこちに知り合いがいるし、
いろんなところから声はかかるだろうし、彼を使いたがる人はたくさんいるよ。
でも、ハコバンやってる以上はそういう声にもなかなか応えられないし、
そういう状況が続けば周りも声をかけづらくなってくる。

もちろん2年間だけどやってきて、ほぼ毎日顔合わせてるたけちゃんがいなくなるのは寂しいこと。
でもミュージシャンとしての気持ちは、やりたい音楽をやりたい形でやるべきだ、ってね。
銀座で落ち着いたポップスを奏でたり、自身のバンドできれいな音楽をたたいてるけど、
根はTHE BLUE HEARTSを愛して止まないパワードラマーだ。
もっといろんな音楽に触れて、たたいて行けばいい。

今の仕事の時間的な制約を取っ払ったところで、もっともっとあちこち飛び回って、
どん欲に仕事すればいいよ。
まだ30代半ばだもの。

そんなわけで、
たけちゃんとケネディハウスで一緒に演奏するのはあと1週間です。
ぼくとたけちゃんがケネディハウスで演奏するのを見たい方は、この間に忘れずに、
見に来ておいてくださいね。

ま、きっとそのうち、銀座の外でたけちゃんとは一緒に演奏する機会が来るでしょう。
そう思ってますよ。ぼくはね。

あけましておめでとうございます! [ひびのよしなし]

あけましておめでとうございます!

2017年も、いい年にしてまいりましょう。
引き続き、銀座でがんばってまいります。
そして、曲作りもがんばって行きますよ。
さらに、もうちょっとピアノも練習します。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします!
CnugA0pUMAAj0uI.jpg-large.jpeg
(こういう気持ちでまいります。)

5月末っていつも慌ただしいんだった [ひびのよしなし]

今日の夜寝て、明日になると6月になってる。
半ば信じられない。

5月の後半は大分慌ただしかったですわ。
ていうか、こうやって書いてふと思い出した。
毎年5月の後半て慌ただしい。
いつだったか「4日間連続ライブ」ってのも5月末だった。
そういうものなのね。

今回はライブが2本、ケネディでのイベントライブが2本、ゼミのOB会とその準備、イベントステージでの「ダンス」。
そこ持って来て、この期間の直前に耳がそんなことになったり、店のエレピの鍵盤が落ちたり、と。
うっかりすると全部終わった時に、気が緩んで熱出しそうな勢い。

少なくとも来週末のびゅーちふるずの2マンライブまでは気を張って行きますよ。
ていうか、びゅーちのライブの宣伝があまりできてないな。

ま、とりあえず怒濤の日々が少しだけ落ち着いたので、順を追って忘備録を残しにかかります。

みみ [ひびのよしなし]

ぼくね。
まわりの人に比べると、音楽聞くときの音量はかなり抑え目なのね。
iPodなんかで聞くときも音量上げすぎないように気を付けてはいるし。
以前、会社勤めしてた頃も、作業の時のヘッドホンの音量は必要最小限で。
ほかの人のヘッドホンで音を鳴らしてもらったときにでかすぎてビビった記憶があるからね。
自分のやつでほかの人に聞かせても、大抵の場合音量上げられるし。

以前からそんな感じだったことに加えて、まあ、こういう仕事を始めてからは特に、耳は大事にしなくちゃ、と気をつけて来ているのだけど。

昨年からはじめた今の銀座のハコバン仕事では、ステージの配置上ぼくはドラムの真横になるわけで。
月の半分くらいだったらそれでもまだ大丈夫だったけど、今年に入ってほぼ毎日になったもんで、「ダメになる前に、ライブ用の耳栓てやつを試しておこうかな」って、真剣に考えるようになって。

先週、長い時間のリハーサルも続いたことから「耳栓買っておこう」と注文して。
それが「発送しました」と連絡が来た晩に、
…やっちまったねぇ。

その日も少々リハーサルがあって、いつもと違う音のバランスで音を出すことになってたのだけど、どうもそれが、ぼくの位置にはやばかったのかな。
最後のステージで、ちょっとロックめな曲が3曲ほど続いたときに、すごい音圧がぼくのところにたまって来るような音の出方になっちゃったのかね。
最後の最後にピアノと歌だけの曲で締めたんだけど、その時に、自分のピアノの細かい動きを耳が判別できなくなってて。

これはまずいぞ、と。

もうその日は帰りに音楽を聴くのもやめて。
次の日は、とりあえず家にある適当な耳栓を持って銀座入り。
あのね、「またあの音圧が迫ってきたらどうしよう」ていう恐怖すら芽生えちゃって。
とは言え休めないしねぇ。

耳栓して1日ステージまわしまして。
音にやられる、ということはないし、それなりに聞こえてもいるので大丈夫なんだけど、音が届いてることでやはり、耳の奥では疲れを多少感じてたりもするね。

それはそれとして、
耳栓して演奏すると、各音の芯の部分だけが入ってくるので、いろいろわかりやすい。
ギターはそんな音で弾いていたのか、とか。
音の拡がりとかデコレーションされる部分がないので、すっきり判別ができる。
これはこれで面白いもんだな。

ま、なんにしろ、
まだまだちょっとやられちゃってる状態なので、無理しないように気を付けながらまいります。

それともうひとつ。
このところ、何かに追われるかのようにいろんな音楽を詰め込んでた節もあるんだけど、
これはもしかしたら「もう少し落ち着きなさいな」という指令なのかな、とか。
インプットも大事だがほどほどに。

もしくは「少しはアウトプットもしなさい」ということかもしれない。

と解釈してみます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ひさびさに [ひびのよしなし]

そんなわけで、
土曜日のライブの時点でちょっとあぶないな、と感じていたおれの体調。
幸い日曜日は出かける予定もなかったので、薬飲んで家でゆっくりしてたのね。
薬飲んだらものすごく眠くなったんだけど、「来週のリハのためにコードとらなきゃ」なんてことやったりして。
あとで見たらそのメモ、字がヘロヘロだわ、コード違ってるわ、注意書が読めないわでどうにもならなかったんだけど。

ま、それでも夜まではなんとか過ぎていったわけだ。
で、風呂入って寝よう、と思ったら、風呂に浸かってるのに体が暖まる感じがなかなかしなくて。
風呂出たら普段はそんなことないのに、まだ寒いな、という感じ。
さて布団に潜ると、寒い。
どんなに布団にくるまっても体縮こまらせても寒い。
これ、尋常じゃないぞ。怖いけど体温計ってみよう。

あれ?うそーん!
いや、もう一度計ってみよう。
CbLpdB-UEAImHoE.jpg-large.jpeg
うーん。どうやら本気らしい。

いざ、解熱剤。
そして冷凍庫から保冷剤を見つけ出してタオルにくるんで。

やだなぁ、またわけわからないループの夢にうなされるのかなぁ。
なんて思う頃には何しても体が熱い。
布団に入ってなんていられない。
ダメだ、ここで我慢して汗をかいておかなくては。
なんてことを思いながら、スマホで「熱を下げる方法」なんて探ったりして。
保冷剤は首の後ろか脇の下に挟むべし。
汗をかき始めたら薄めの布団に変えるべし。
そんなことをあれこれ見ながら、少しずつ落ち着いて来たようで、眠りに落ちることが出来。

翌朝、無事に36.7℃まで。
ま、下がったとはいえ、これインフルエンザだったらことだな、と病院へ。
「そこまでのだるさがなければインフルエンザではないですね」と。
ま、この日は銀座は休みだったこともあって、おとなしく夕方まで寝てて。
ただ、予定してたレッスンだけはやっておかなくてはならん、とマスクして出かけて。
2コマ終わらせて帰宅して、早めに風呂入って寝る。
が、寝る頃にまたちょっと熱が上がってたようで。ちょっと寒め。
しかし、保冷剤を脇に挟んでみるも、この日は「ちょっとこれ、冷たいな」と感じるくらいのもんで。
そうか、昨日ほどの重症ではないのね、てな具合に就寝。

翌朝はまだちょっと微熱が続いてたもんで昼までは寝てて。
そしていつもの生活に戻ってみるも、微妙なふらつきが残りつつ。
Facebookなんかを見てた常連さんから「大丈夫?」なんて声かけてもらったりしつつ。

なんだかんだで、翌日。
朝起きたらかなりすっきりしてて。
あー、なんだかやっと普通の人間の生活に戻れる感じがする、ってね。

しかしまあ、久しぶりに39.3℃なんて熱出したけど、
結構来るね。
あの無限ループの夢を見なかったことだけは救いだったな、今回。

てなわけで、みなさん引き続き体調には気をつけましょう。
(今週はまわりも結構やられてたからな。)

正月は [ひびのよしなし]

この年末年始は近年まれに見るほど「何も予定が無い」という1週間でして。
まあ、なんというか2015年は、ありがたい状況ではあるんだけどどこかずっと「追い立てられてる」ような感覚で年末まで来たんでね。
ここらでゆっくり、と言った具合かな。

そうなるとあれだね、当然のごとく、風邪ひくね。すぐ。
実はケネディの大忘年会の日の、本番中から「あれ?この喉の乾き具合はなんか変だぞ」って、
ちょっと兆候は見えてたんだよね。
それが、大晦日あたりから咳が止まらずに。
市販の薬でごまかしつつ、それでもちょっとひどい感じで。
「眠くなるからあんまり飲みたくないけど」って、1日の夜に病院でもらった薬を飲んだら、
2日は、出かけてる間中ずっと体がふわふわする感覚が残ってて。
なんか、1日中眠いのが尾を引いたなあ。

で、今日。久しぶりの友達から誘いがあったんだけど、
「カラオケでも行かない?」ということで「おれ、今日は歌えないわ」と。
結局1日家にいたりして。

そんなわけで、
年末は年賀状を書いたり細々と買い物に出たりして、
年始は家の行事のほかはHDレコーダーの録画したままのものを見たり整理したりして。

そんな年末年始。

ちなみに明日までお休みなので、地元の神社に初詣に行ってくるつもり。
あとはキーボードの音色をあれこれチェックだとか、そういうことする感じかな。

あけましておめでとうございます [ひびのよしなし]

2016年、あけました。
今年もステキな時間をたくさん過ごせるように、日々を重ねてまいります。

みなさま、どうぞよろしくお願いします!
DSC_4216.JPG

親と、ラーメン [ひびのよしなし]

先日、うちの親が2人で仲良く出かけたときの話。
(ぼくは一緒じゃないです。)

そろそろお昼にしよう、とランチに良さそうなお店を探したけど、
なかなか食べられそうなお店が見つからず。
ちょっと入りにくい感じだけど、1軒だけラーメン屋があったので、
「とりあえず、ここに入ってみようか」と入ることにしたという。

で、カウンターでとなりに運ばれて来たラーメンの量が非常に大盛りで。
店員さんからも「うちは普通でも量が多めなんですけど、どのくらいになさいますか?」と聞かれ、
2人とも「じゃあ、少なめでお願いします」ということに。
しかし、少なめでも結構な量があり、2人とも食べきれなかったそうで。

食べ終わって外に出ると、お店の外には行列ができてて、それを見て
「もしかしたら、ここは有名なお店なのかもしれないね」と2人で話してたとか。

----

そんな話を聞きましたもんで。
「へえー。そこ、なんてお店だったの?」
「うん。『千里眼』て書いてあったね。」

おいおいおいおいおいおいおいおいおい。
それ、60過ぎが入る店じゃないぞ!
ちょっとびっくりしたわ。おれでも行かないわ。

いや、出かけた場所から考えて『山手ラーメン』あたりかと思ってたけど、まさかの展開。
「でも、ほかに店が無かったからさ」とのことだけど、それでもよくがんばったな。

ちょっと衝撃の話でした。

れきし [ひびのよしなし]

ふと、42年生きてるとさすがに、自分も歴史のかけらを見てきてるんだなぁ、と感じることがあるね。
そのいくつかをちょっと並べてみる。

◉小学校の頃の工場見学でサッポロビールの恵比寿工場に行った。
◉社会科見学で荏原青果市場に行った。
◉二子玉川園に遊びに行った。
◉横浜ドリームランドに連れて行ってもらった。
◉渋谷駅前の映画館で東映まんが祭りを見た。
◉代官山アパートの中の公園で遊んだ。

代官山の駅は、うっかり見落とすかと思うほどの小さな小屋だった、とか、
恵比寿駅の東口も改札が1つだけの田舎駅だったな、とか、
東横線に沿って流れる開渠の蛇崩川とか、
烏山川と北沢川の合流とか。

そういえば富山に住んでた頃、大山寺遊園てところによく遊びに行ったけど、
もちろん、もうなくなってるんだろうなぁ。

近いところでは東横線の渋谷駅とか、田園調布駅の地上ホームとか、
東急自動車学校とかだって、数年すれば立派な歴史になるんだよね。

日々、生活の中で見る景色も、しっかり見てればあとで楽しいかもしれないよね。

なんて。
前の10件 | - ひびのよしなし ブログトップ