So-net無料ブログ作成
検索選択
まさぼうのおと ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ピアノ伴奏 [まさぼうのおと]

いきなりですが、
明日=3日の深夜よりはじまるアニメ普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。というものがありまして。

このアニメの劇伴に、友人のヤンチくんが深く関わっております。
劇中曲の作曲など、してるようです。

で、ですね。
その劇中曲。「ピアノ伴奏で合唱」というような場面があるらしいのですが。
その「ピアノ伴奏」というのを、ぼくが担当しております。
「それっぽい感じで。」ということで、アレンジまで任されてまして。
それっぽい感じに仕立ててあります。

どんな風に使われてるのか、ぼく自身は全く知らないわけですが、
興味のある方はぜひチェックしてみてくださいませ。
夜中なんで、とりあえず録画しておく、ってのもいいかも。

---
7月3日 26時26分~
(時間的には7月4日 AM2:26〜ということです。)
TBS「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」
---

ということで、おしらせでした。

桜の終わりの季節に(『鴇色』2014) [まさぼうのおと]

本当はこれ、先週末にここに上げようと思ってたものなんだけど。
Macの調子がいろいろあれで、ようやく。

ぼくの曲で、春のイメージでぽろっとできた曲で『鴇色』という曲がありまして。
最初の作品集「まさぼうのおと -masabou's note-」にも収録しているのだけど。
毎年、桜がハラハラと舞い落ちる時期にちょうど合うような気がしているのです。

今年は、そんな映像を作ってみました。
中には今年の写真ではないものもあるけどね。

そして、今年はあらためて録音しました。家で。
(あらためて聞いたら、心持ち速かったかも。)
ここに貼付けられる動画の容量があまり大きくないので画面もちょっと荒いんだけど、本当はもっときれいなんだよね。
そのうちYouTubeにでも上げてはり直すか。

とりあえず今日のところはこれで。

ということで、お楽しみくださいませ。


パーティライブ おすそわけ [まさぼうのおと]

先月8日にお呼ばれしました披露宴パーティでの演奏。
パーティに参加されたお客様がその映像を撮っていたらしく、新婦がアップしてくれました。
せっかくなので、それをここに載せてみます。



歌はキタムラナオコです。

まず1曲目はThe Beatlesの『In My Life』
わりと普通にやってます。
2曲目はThe Monkeesの『Daydream Believer』
これは会場のみなさんに手拍子を入れてもらって、みんなで盛り上がろうのコーナーです。
3曲目にThe Carpentersの『I Won't Last A Day Without You』。
これ、ナオさんの選曲かと勝手に勘違いしてたけど、新郎ケンイチさんのリクエストだそうで。

3曲目の最初のうちは、まだみなさんが盛り上がってる感じを引っ張ってるんだけど、
だんだん、だんだん、歌の引力に巻き込まれて行くのがありありと見えます。
今回の余興部門の仲介役になってくれた、西千葉呼吸店主=神作さん曰く、
「音楽と会場がぴったりはまった、と思った瞬間、新婦が涙を流し始めた」とのこと。
そのことを「Good Vibrationだ!Good Vibrationだ!」と喜んでたのでしたよ。

そして、ぼくも背中越しに「お、新婦が泣いておる!」と気がついたわけだけど、ナオさんはそれに「引っ張られてはならん!」と踏ん張ってるのも微妙に伺えます。

そんなところも楽しみに。
というか、いや、神作さんいうところの「Good Vibration」を仮想体験していただければ、何より。

『はる』 [まさぼうのおと]

たまには自分の曲を載せてみよう。

この曲は、タイトルは『はる』だけど、もともと「Spring」の意味ではなく、映画「(ハル)」から来てます。
ぼくの大好きな映画で、映画を見た後数日ずっとその世界にまどろんでるような感じで。
そんな時にこぼれ落ちて来たのがこの曲。

まあ、雰囲気として「Spring」を匂わせなくもないかな。
ということで。



では、引き続き桜の季節をお楽しみくださいませ。

DIYMO [まさぼうのおと]

昨年の12月に一度こちらにも書いた「DIYMO - Do It Yourself Magic Orchestra - 」という企画。

友人である古田くんが企画した”YMO結成35周年 散開30周年 再生20周年記念企画”と銘打っての"13人の「1人宅録YMOカヴァー集」"というこちら。
12月にその発表会を江古田のCafe FLYING TEAPOTにて開催して。
元々は「アルバムを作る」という意識で始めたこの企画。
発表会から少々時間はおいてますが、現在ネット上でアルバムとして、随時更新されてます。
ぜひこちらのページでチェックしてみてください。

DIYMO - Do It Yourself Magic Orchestra

ちなみに「曲順」は、12月の発表会の際にくじ引きで決定されたんだけど、ぼくだけはその日の予定もあって1曲目に据えられてます。
古田くん曰く「中田さんの作品は、今回いちばんの策士です(笑)。その策にびっくりし、その実践である音楽自体に、またもやびっくり。」という作品です。

というわけで、
ぼくがここに参加した『CUE』も、こちらで聞くことができるようになってます。
そして、なぜ『CUE』を選曲したか、なども書いてます。
(あらためて聞くと、もう少し音の輪郭すっきりさせてもよかったな、なんて思うが。)

そうそう、この発表会前の古田くんとのやり取りの中で、ぼくの中での「YMOベスト5」と言う話になって。
そこでぼくが挙げた5曲が次の通り。
○『U・T』
○『THE MADMEN』
○『SIMOON』
○『BEHIND THE MASK』
○『PERSPECTIVE』
ホントはここに『Wonderful To Me』も混ぜたいんだけど。
結構自分ではよくある選曲だと思ってたんだけど、古田くん曰く「この選曲がわからない」とのことで。
ほかの参加者の方に意見をあおったりしてたんだけど、米本実さんだったかな?
「多分、音というよりも和声とか、そういうところがポイントなんじゃないかな」という解析をしてくれて。
なるほど、と思った次第。

ちなみに、この発表会を「近くだし」とフラッと聞きに来てくれた、ぼくの知り合いの中でいちばんのYMOフリークであるおしむら氏は、数曲聞いて「いやぁ、みんなよく思いつくなあ。」と感心されておりました。
そんな、正統派カバーから異端まで、人それぞれいろんな解釈でカバーされたYMOカバーアルバム「DIYMO - Do It Yourself Magic Orchestra - 」
ぜひお楽しみくださいませ。

こんな日に、こんな音 [まさぼうのおと]

降ってますねぇ、雪。
すでにつもってるわけですが、夜に向かってまだまだつもる様子だそうで。
今から出なくちゃ行けないんだけどね。

ひとまず、こんな日にこんな曲。
CDにも入れてるおれの曲なんだけど。
どうでしょ。

『スノーマンに会いに』


この曲は、ぼくの大好きな高野文子さんの「黄色い本」に出てくる、"ひとり雪中行軍"のイメージがありまして。
まさに今日のような情景かな、と。勝手に思ってるわけで。

では、行ってきます!

【年越し限定公開】『カウントダウン』 [まさぼうのおと]

毎年恒例のこれ、上げてみますかね。

今年は3月にライブで歌って、それを見に来てくれてたぼくの生徒さんの1人が
「先生、私あの歌歌ってみたいんだけど、教えてもらえますか?」
ということで、ピアノ教えてまして。
で、11月にライブで歌ってくださいまして。感激いたしました。
非常に歌のうまい方なので、それはそれはうれしかったです。
やっぱり、うまい人に歌ってもらえるとうれしい。

で、年末にスタジオ行って録り直そうかな、と思ったんだけど、なんだかんだ慌ただしくて行かれなかった。
なので、昨年上げた音源と同じもので、すみませんが。

  冬の空を見上げると すぐオリオン探すくせ
  去年の今頃も こんな風に見上げていた

----
みなさま、よいお年をお迎えください。

【期間限定公開】『かがりび』 〜おわらの季節に [まさぼうのおと]

こちらの記事、音源をアップしておりましたが、期間限定ということで、また来年。

--------------------------------------------

うっかりしてたら9月2日だった。
本当は、「おわら風の盆」の期間である9月1日から始めようと思ってた企画。
すでに丸2日近く経ってしまったわけだけど、ま、それはそれ。

ということで、ぼくが数年前に初めて「おわら風の盆」を見に行った時に感じた強い印象を歌にしたものを、
4日まで、ここに出してみます。
たびたびライブで歌っている、『かがり火』という歌。
ここにも書いてるんだけど、おわらを見た日の帰り、富山から東京に戻る特急電車の中でぽろっと流れて来たメロディです。
この歌のほかに、こんなメロディは書いたことがない、という、ぼくの中でも相当な異色作です。
でも、歌うと必ずいつも、なにかしらの反応が返ってくる歌です。

相変わらず、自分の歌声をこういうところに出すのは照れくさいのでなんなんだけど、
ま、3日の夜、夜通しおわら節を踊ったみなさまを駅で見送る「見送りおわら」のある4日までの期間限定で。
(ちなみにこれは、昨年9月のライブのテイクです)

よろしければ感想など、聞かせていただければうれしいです。

『かがり火』
詞/曲:中田征毅

思い思い奏でられる音を背中にまとい
石畳のかがり火受けて 踊りがゆるり 下り来る

顔をかくしてもあなたとわかる
その指先に 馳せる想い

深くおろした笠の下で
誰をさがして踊る

ゆらりゆらりとあなたを照らす
わたしならここにいる

気づかれぬまま過ぎてゆくなら
ここでゆらり 踊るしかない

まさぼう 動く動く [まさぼうのおと]

この数年、ありがたいことにいろんなライブで弾かせていただいてまして。
そのいくつかが、ボーカリストの方などによってYouTubeにあげられてるのですよ。

で、前々からそれらをちょっとまとめてみたいな、と思ってまして。
やってみました。

こちらのページでございます。(ページ、って言うのか?)
「映像から見るまさぼう」

あらためて見ると、結構いろんなことやってます。
時間のある時にでも、ふらっと覗いてみてくださいませ。

東京にしては今頃ではありますが [まさぼうのおと]

まだ東北から北の方にかけて、桜が終わりを迎えてるということでね。
時期的にこの曲をおいてみます。

ほんとは3月のライブのテイクをあらためて乗せようと思ったんだけど、
ことのほか録音レベルが小さくて、ゲインをあげたらかなり雑音まで増幅されちゃったもんだから、
CDに入ってるのと同じ音源ですが。

というか、スライドショー作ろうと思ってたんだけど、なかなか時間かけられなかったので、音だけ。
まあ、音だけでイメージを膨らませてください。

『鴇色』 曲:中田征毅

前の10件 | 次の10件 まさぼうのおと ブログトップ