So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

同世代をくすぐる選曲で [音楽活動 -もろもろ-]

5日の水曜日はMioちゃんとのデュオライブ。
今回が2回目なんだけど、まだまだ探りながら、と言う感じがちょっとあるかな。

先週Mix Dishを終えたばかりでそれほど経ってないのだけど、
その分、今回のことがなかなか進められずにいてね。
今回も選曲はわりとギリギリになっちゃった感じ。
とはいうものの、選曲自体はかなり面白いものになってる気がするな。

<Mio & まさぼう Duo Live>
1. せぷてんばぁ (CRAZY KEN BAND)
2. Feed The Birds (Tuppence A Bag) (Julie Andrews)
3. When You Wish Upon a Star (from movie "Pinocchio")
4. TYPHOON (松任谷由実)
5. 東京ライフ (KAN)
6. Calling You (Jevetta Steel)
7. 突然の贈りもの (大貫妙子)

8. かがり火 (中田征毅)
9. Lately (Stevie Wonder)
10. はぐれそうな天使 (岡村孝子)
11. 恋におちて -Fall in Love- (小林明子)
12. My Favorite Things (from movie "The Sound of Music")
13. Again (Mio)
14. SING LIKE A CHILD (Mio)
en. Can't Take My Eyes Off You (Frankie Valli)

Vocal : Mio
Piano : 中田征毅

出だしは先月もやった『せぷてんばぁ』から。9月だからね。
続いては、こちらも先月やった曲からDisney関連を2曲。
そして、意外にもMioちゃんが「また歌いたい」と言うことで『TYPHOON』
先月よりうまくいったかな。
で、ぼくのカバーコーナーで、敬愛するKANさんの『東京ライフ』を1曲。
Mioちゃんが好きだというのを知ってて、ぼくもいつか一緒にやりたいと思ってた『Calling You』
1部の締めは大貫さんで。

2部の頭には、この時期なので歌わせてもらいたかったぼくのオリジナル曲『かがり火』
Stevieの『Lately』で雰囲気を作ったあとは、偶然にも1985年のヒット曲、と言う2曲。
ぼくの提案した『はぐれそうな天使』とMioちゃん選曲の『恋におちて』
軽めの『My Favorite Things』をはさんだあとはMioちゃんのオリジナルコーナー。
『Again』では、元ケネディスタッフだったYuraちゃんによるフラで楽しんでもらい、
本編締めは前回同様『SING LIKE A CHILD』
そしてアンコールも前回と同じ『Can't Take My Eyes Off You』のワルツアレンジで閉幕。

(あ、ちなみに今回も合わせたのは当日の本番前の数時間だけです。)
41078182_1764100993645624_1829283058776276992_n.jpg
Mioちゃんが『Calling You』が好きだというのはだいぶ前から聞いてたんだけど、
銀座でやる機会がないかなぁ、と密かに待ってたのね。
それを今回、ようやく持って来たよ、って。
ぼくも本当に好きな歌なのでね。
Real Diva’sがエレピなのなら、それをうまく使おうじゃないか、ってことで、それっぽい音色で。
いやぁ、もう本番は気持ちよかった。音と声がふわーっと飛んで、空間包み込む感じでね。
一時期、Mioちゃんが歌ってた時期もあったようで、「また聞けてうれしかった」と涙する人や、
お店のスタッフのみなさんも「いいですよね、この歌」と大変に評判高く。

さらに意外なところで『はぐれそうな天使』の反響が大きかったね。
いつも来てくださる方も「この歌すごく好きなの。まさかここで聞けると思わなかった!」と大興奮。
今後もね、そういう「記憶の隅にしまってあるような名曲」をお届けしたいな、という気持ち。

そうそう、今回は直前になってからYuraちゃんの参加が決まって。
彼女は、MioちゃんのCDから『Again』を選んで自ら踊りを考え、
それをFacebookに載せてたのね。
本番2日前のMioちゃんのライブをYuraちゃんが見に来たようで、
その時にMioちゃんから「『Again』歌うけど、踊りにこない?」と誘ってくれたとのこと。
Mioちゃんもぼくも、なにより自分たちがYuraちゃんの踊りをガン見したかった、というこの本番。
この歌の間奏部分でね、Yuraちゃんの動きがふと大きくなったように見えて。
なのでぼくが、ちょとだけ力強く、雰囲気を底上げするような感じに弾いてみたんだけど、
あとでYuraちゃんから「間奏で気持ちが伝わって来て、とても踊りやすかったです」と言ってもらえて。
あ、届いてたんだな、ってちょっとうれしくなったね。
本当に素敵な踊りで色を添えてくれました。
Yuraちゃんありがとう!
41096930_2030311067259900_5512589850106134528_n.jpg
ということで、いろいろと好評な声をいただけてますMioちゃんとのデュオライブ。
次回は10/20土曜日。
「たくらみ」の翌日です。
よろしければ連日のおつきあいを。
nice!(1)  コメント(0) 

ホールでガツンと [音楽活動 -もろもろ-]

9/1の午後は、久しぶりのSOUL CANAPEのライブ。
いつもSOUL CANAPEはちょっとJazzyなソウル、という感じの雰囲気で選曲されることが多いんだけど、
今回はガツンとホーンセクションを加えて、20分Donna Summerで押し通す、
というかつてない展開で。
せっかくのホールライブということで、いつも出来ないことを、っていうね。

今回のいちばんの悩みどころは、選曲。
そして曲の構成。
なにしろ持ち時間はわずか20分という中で収めないと行けないわけで、
その中で、どれだけのことが出来るか。
いろんなバージョンを聞いたりライブのテイクを聞いたりしながら、
20分をギリギリまでうまく使えて、かつおいしいところをしっかり取れるような、
そんな構成を考えてね。
で、MCもほぼなくして一気に駆け抜ける20分、を作り上げましたよ。

<SOUL CANAPE in LIGHT MUSIC FESTIVAL
1. MacArthur Park
2. Bad Girls
3. Hotstuff
4. Last Dance

Vocal : 柏原由美子
Guitar : 柏原悟
Bass : 関根とおる
Keyboards : 中田征毅
Drums : 松本照夫
Trumpet : 安達奈央美
Sax : 宇賀まり
Trombone : 福原隆
Chorus : 紀伊馬亜光

本当はね、出だしの『MacArthur Park』も、もっとおいしいところ聞かせたかったんだけど、
そうなると時間はみだしちゃうので、泣く泣く短く。
それにしても、やっぱりホーンセクションが入ると迫力増すよね。
特に今回のような曲だと、なくては困る、とさえ。
ま、だからこその選曲にしたわけだけど。

今回ホーンセクションのみなさまは、ドラムの照夫さんからの人脈。
というところなんだけど、たまたまなじみの顔もいて安心。
奈央美ちゃんとは大分お久しぶりだったね。
(ちなみに今年はもう1回、一緒にやる予定がある。)

いつもTERRAとかで見てくださってるみなさまも、
今回の迫力に大喝采くださって。
サウンドチェックの段階から、よく共演してる他のバンドさんからも、
「今回すごいねぇ!」って声もらってたんだけど、
本番終わったらこれまたたくさんの方々から、
「かっこよかったね。すごいね。」って。興奮気味に言ってもらえたりして。

今回、ホールならではの攻め方でホーンセクションも入れたわけだけど、
またこう言う機会に、ガツンと攻めてみたいよね。
由美子さんも大いに動き回れるしね。
なんにしても、ホールでの演奏は気持ちいい。

次にまたホールで出来るのを期待しつつ、
それまではまた、いろんな形のSOUL CANAPEを楽しんでまいりましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

つぶやきから見るおれの8月 [つぶやきから見る]

さて、8月をまとめておきます。
ハコバンやめた直後の6,7月はなんだかんだとライブの仕事などもあったのだけど、
8月はほぼそれもなし。後半にちょっとだけね。
で、なんというかほんとに「何もない日」を過ごした感じ。
部屋の片付けを少しだけしたり、古い映像の移行をしたり。
なんというか、実にここでようやく「リセット」出来た感じ。

そんな日々。

----
8/1
○葉月でございますなぁ。
○明日も明後日も暑さおさまらず、か。ちょっと出かけて、ついでにちょっと歩いちゃおうか、何て考えたんだけどひよるよな。急ぎでもないし。さて。

8/2
○最近のVHS移行シリーズ。大学1年のときの芝居の映像を見てしまった。下手すぎて唸る今だったら全然違う言い方するのに、ってことばっかり。。同期のヤツはすでにいい芝居してるのになぁ。多分、学生の間のおれの芝居はどれ見ても下手すぎてまいりそう。(記録として残してはおくけど)
○へたくそながらがんばってるおれ。もう、今の時代VHSの画像の荒さに、細かい表情が見えない分ちょっと救われてるような。・・・オンリーワンのときも決して芝居うまくはなってなかったけどね。まだ、見られるわ。
○さっきの大学1年のときの芝居のビデオ。千秋楽の客だし直後に全員で大盛り上がりしてるところまで撮影されてて、まぶしすぎて直視できないほどの青春がそこにあった。

8/3
○クーラーの効いた店から外に出たときにめがねがくもるのやめてほしい。

8/4
○初めての店で、初めてのライブを見ます。 https://pic.twitter.com/wu22JAAo5l
○多分、ものすごく昔に降り立ったことはあるけれどいつだったか覚えてないくらい以来に使った駅シリーズ。 https://pic.twitter.com/VYXsEN40Ua
○早く家帰ってピアノ弾きまくりたい衝動。
○今日の戦利品。 https://pic.twitter.com/BpIDzvT0Hw

8/6
○雨雲レーダーで、高尾から相模原のあたりがすごい色してるんだけど、京王線も止まっちゃってるみたいだね。
○おちついてゆっくり見よう、と思っててそのままだった映画。今日だ、と思ってようやく見ました。#この世界の片隅に https://pic.twitter.com/rc0mtys9A7

8/7
○今朝の「半分、青い。」の、わこさんが『この広い野原いっぱい』を歌うシーンのためだけにも、今日の録画は残しておきたい。
○「エアコン効きすぎちゃってるから、ちょっと弱めようかね」っていうくらいの気温だよね、今日の東京。
○今日の夕方18:30から市川うららFM (83MHz)での「ウィンディーズマニア!シャバダバ!びゅーちふるナイト」はすごいですよ。山梨市観光協会からの「桃2kgプレゼント」があるからね。http://www.yamanashishi-kankou.com/news/radio/
○メンバーも 応募したいの 桃2kg (いい?)https://ws.formzu.net/fgen/S75257816/

8/8
○はぁ、なるほど。Facebook側の仕様の変更で、ほかのアプリとの連動がされなくなった、ということなのね。https://t.co/KBM6hViHq1
○窓開けてて涼しいのはいいんだけど、だんだん部屋中が湿気て来た。

8/9
○今日もすでに暑くなり始めてるけど、多分出かけるなら今日の方がまだいいんじゃないか、と思ってちょっと出かけることにする。
○初めて訪れました、将軍池。 https://pic.twitter.com/lBuqdmrsXB
○暑い中、歩いちゃったりして。 https://pic.twitter.com/I8AUn4ZGGI
○蓋。 https://pic.twitter.com/ZBqGzRWN3w
○残念。やってない。#ミルクホール https://pic.twitter.com/r4FXHZI1RN
○帰りまーす! https://pic.twitter.com/9tSUCXKokI
○妹から「今日のカンブリア宮殿、好きそうなのやってるよ」とタレコミあり。

8/12
○入っていきたいけど、今日はがまん! https://pic.twitter.com/qBG1mbTvJU

8/13
○WOWOW製作のPerfumeの特番はいつも非常に質が高い。
○ハコバン辞めて「夜の予定がわりと自由になったよー」となったら、周りの人の予定が俄然合わなくてスケジュールが立たない、という状況が続く。
○日曜日にWOWOWでやった安室ちゃんのPV総決算が最強。PV集に入らなかった『the SPEED STAR』『人魚』とか『Golden Touch』の別編集とか、シングル/アルバムだけじゃなくてコラボ曲も全部時系列に並べててホント完全保存版だわ。

8/14
○昨日は昼夜ともに食べ過ぎたなぁ、と思ったらしっかり体重増えてる。というか、体が重い感じがしてるもん。
○ハイきた! https://pic.twitter.com/wZIK8XrT3N
○たしかにFutureなPopというイメージはありつつも、多分に「レトロフューチャー」な感じも強くて、『If you wanna』みたいにゴリゴリに三歩先の音を鳴らしながらも、全体的な質感はむしろcapsuleの初期くらいまで戻したような音色使いの感触。そして音を詰め込むのを極力避けた感。
結果、個人的にはPerfumeのアルバムの中で、今まででいちばん「聞きやすい」アルバムなんじゃないか、と思う。#Future Pop

8/16
○おー、こんな半券が出てきた!実はマイケルは2回見に行ってるんだぜ!! https://pic.twitter.com/XrCz7BYxs5
○そうそう、いわゆる「歌ってみた」動画で伴奏担当しました。ぼくも大好きなSalyuの『VALON-1』をサイトウヒロミさんが歌っております。よければ聞いてみてくださいな。https://t.co/wLeBaTfOVx

8/17
○お互いの行き先を尋ねたなら少しジェラシー/別々に手を上げて拾うタクシー/せつなくていい
 (EPO『八月十七日』)https://t.co/5MfqrN0d74

8/22
○やばいっす!機種変して、電話帳の移行に失敗してほぼデータとんだです。まあ、大半の方とはFacebookなりLINEなりでやり取りは出来てるんだけど、よろしければおれ宛にメールアドレスと電話番号、送ってください。
○おさわがせしました。大方、復帰出来ました。が、中にはデータが古かったりしてるものもあるかもしれず。もし、今後も中田ときちんと連絡取れる手段がほしい、という方で心配な方は念のため連絡先を教え直していただけると大変よいです。
よろしくお願いします!
○電話帳はひとまず、なんとかなってるとして、入れ直したアプリのアカウントを繋ぎ直したりするのがまた大変だよね。ものによってIDとかパスワードとかわからなくなっちゃってもう。
○全部聞くのも結構なボリューム。『Is It You』をリマスター音源で聞けるのがうれしいね。 https://pic.twitter.com/B6BGM2a5PF
○古いものから、まずは最初の「REUNION」から聞いていくことにする。『FIND IT』なんてすごく久しぶりに聞いたな。シンセの音使いにちょっと時代を感じる。 https://pic.twitter.com/ZVBFaRatyo
○TOTOファンでいっぱいになったという、Sing Like Talkingのデビューお披露目ライブ、エレピは山田さんだったのか。 https://pic.twitter.com/IE8hPmMB51

8/24
○今日の「半分、青い。」で泣かないのはムリだ。

8/25
○本日はゴスペルグループの練習のお手伝い。先生の歌い方の指導を聞きながら「なるほどなぁ」と自分に落とし込んでみる。 https://pic.twitter.com/UX6TqAnXeE
○新しい歌を聞きに来たのだ。 https://pic.twitter.com/7rPjK6J4Qf
○宵闇暗渠。 https://pic.twitter.com/Fdhy5Elyck
○本編と、予定外のダブルアンコールで計2回、死ぬほど好きな『メビウス』を生で聞けて、ただいま絶頂にごきげんさんなおれです。#比屋定篤子
○いいじゃん。パピコぐらいしたって。 https://pic.twitter.com/QoLjk2Cpr5

8/26
○炎天下過ぎる中、12時頃から演奏予定。気をつけるよ。見る人も大変! https://pic.twitter.com/cNMtuaXAzq
○通りすがりの石神井川。 https://pic.twitter.com/x2Wxd97ZcF
○恵比寿からバスで帰ろうと思ったら、バス停におびただしい数の外人さんが並んでて、これは何事か、と。ためしに駒沢公園のスケジュールを調べてみたら「ネパールフェスティバル」と。これに間違いない。
○BS朝日の「世界の船旅」で、ほんのちょっとだけ与論が出て来た。百合が浜を紹介されただけだったけど、いいなあ、また行かなくちゃ。

8/27
○竹村さん、明日も雨降らすつもりなのだろうか。
○うーーん。さくらももこが。うーーん。
○そして、だいぶ近くでバリバリ言いまくっておる。
○すっげえ雨きた!嵐の中!
○すっげえ近くで「パン!!」ってでかすぎる音がして、思わず「おぅ!」と声上げてしまった。断末魔のよう。
○渋谷川の渋谷橋(恵比寿にある)の、60分前と今。 https://pic.twitter.com/NFismFKl6h
○なんとなく、見返してしまう。 https://pic.twitter.com/oKXxTmjtxd

8/28
○今日のライブ、実際弾いたらなんてことなく弾けるんだろうけど、今まであまりに無意識に弾けてた曲ばっかりだから、なんていうか「大丈夫かな?」って不安もあるよね。それと、ボリュームペダルを使ってた曲、結構あるからなぁ。手作業でどこまで雰囲気作れるか。
○1stステージ盛り上がってただいま休憩。もうすぐ第2部。
○竹村さんソロ中。 https://pic.twitter.com/9UlL5gANdJ
○Mix Dish 2ndライブ、大盛り上がりで楽しんでいただきました。自分たちも大いに楽しめたのでよかったな。歌詞がグシャグシャになったことだけ、ちょっと心残りだけど。(ややこしいの、あの歌。)集まってくださったみなさま、本当にありがとうございました。春頃にまたお目にかかりましょう。

8/29
○この時間の山手線て、いつもこんなラッシュ並みのギュウづめなん?暑い中、かなりキツいす。

8/31
○え、今こんなに天気いいのにゲリラ豪雨来るの?
○これまたびっくり。ぼくはもっぱら中古店の方ばっかりでレンタルは使ってなかったんだけど、時代の流れなんですかねぇ。https://t.co/hrXuVPTIgR
○「最初に大江戸線から組み立てると作りやすいですよ」とか書かれてるんだろうか。https://trafficnews.jp/post/81368 https://trafficnews.jp/post/81368

------
やっぱりとびとびだね。
こう言う時期って、ほかのところに顔出しに行ったりすればいじゃん、なんて思うんだけど、
なんとも腰が重くなるというか、いろいろと停止するよね、頭の中。

9月はそこそこ忙しいです。
がんばります!
nice!(0)  コメント(0) 

鍵盤弾きまさぼうの9月 [ライブのお知らせ]

いつもは先月のつぶやきをまとめてからライブのお知らせなんだけど、
ちょっと今月は逆に。すまんです。(誰も気にしてないか)

今月は突発的なものも出て来たりして、慌ただしいかも。

---<ライブ編>---
9/5(水)
Mio
六本木 Real Diva's
【1st stage】 20:00~【2nd stage】21:15~
¥3,500 (+order)

Vocal : Mio
Keyboard : 中田征毅

今月もMioちゃんとのデュオです。
前回好評だった曲、今回新しく取り込んでみる曲、いろいろです。
2人の好きな歌を基準に、ふんわりまったりまいります。
今回はちょっとしたスペシャルコラボもある予定。お楽しみに。

----
9/15(土)
ミック西川 & Mio
田町 テンプテーション
【1st stage】 18:30~【2nd stage】20:00~
¥3,500 (1プレート軽食・おつまみ付き)

Vocal : ミック西川
Vocal : Mio
Guitar : 中村Choo
Bass : 谷源昌
Keyboard : 中田征毅

ケネディハウス銀座でもご一緒したミック西川さんとMioちゃんとのデュオライブに、
急遽助っ人参加します。
小さいカウンターバーで、カウンターの中で演奏するスタイルというなかなか面白そうな状況。
がんばります!

----
9/21(金)
Zen Ra Arkestra 【大高木祭】
秋葉原 IkeBECK
open19:00/start19:30〜
Session Time 21:00
¥1,500 (+drink)

Zen Ra Arkestra
発起人:高木克明
永井実穂(bs) 小森谷千恵(as) yath(ts) 矢野智礼(ts) 本橋裕幸(tp) 田中大介(tp) 越後林雅之(tp) 木庭有基(tb) 相澤毅(tb) 杉山マキコ(tb) 中崎さち(ds) 多田野繁(b) 小山カジ(gt) 中田征毅(key)

高木克明の一周忌の節目に、Zen Raでひと盛り上がりさせます。
タカギは降りて来てくれるでしょうか。
21時からはセッションタイムもあるので、一緒に盛り上がりたい方は楽器もって集合です!

----
9/23(日・祝)
マクランド
『マクランドワンマンライブ2018 ~音の収穫祭り~』
四谷 SOUND CREEK Doppo
open17:30/start18:00〜 ¥3,000 (+order)

Vocal : 樋口政也
Guitar : 奥山裕樹
Bass : あくま
Drums : 藤原直樹
Keyboards : 中田征毅

昨年のこの週末はマクランドも参加の「試しに集まってみる会」だったわけだけど、
今年はワンマンです。
ミニアルバムも発売します。初音源化曲、既発曲の新録音などもあり。
あわせてお楽しみくださいませ。

----
9/30(日)
びゅーちふるず
山梨市 花かげホール
open14:30/start15:00〜 前売¥2,500 / 当日¥3,000 (+drink)
共演:showmore/族音二重奏/NYT/夜ハ短シ
びゅーちふるずは、最後で17:30頃に登場予定。

Vocal : 桜 チョメ吉(さくら ちょめきち)
Guitar/Cho : 腹痛 純(はらいた じゅん)
Bass/Cho : 井矢志 マス夫(いやし ますお)
Drums : 野良里 蔵之介(のらり くらのすけ)
Trombone : 御方井 ひとよ(おかたい ひとよ)
A.Sax : 赤渕 きらり(あかぶち きらり)
T.Sax : 真戸口 ここよ(まどぐち ここよ)
Key/Cho : 唐田 春男(からだ はるお)
OL Dancer : 麦 ふみえ(むぎ ふみえ)
OL Dancer : 前野メリー熱子(まえの めりー あつこ)

びゅーちふるず、久しぶりにバンド総出での山梨遠征。
そして久しぶりのホールコンサート。
ちょっとワクワクしますね。
山梨近郊のみなさん、または休日に高速飛ばしてドライブがてら、
ぜひいらしてくださいませ。

--【セッション編】--
9/25(火)
永井実穂 Session
新宿Golden Egg
open19:30/start20:00 ¥1,500 +drink

Host Member
A.Sax : 永井実穂
Drums : 藤原直樹
Keyboard : 中田征毅

ぼちぼちやってます、新宿Golden Eggでのセッション。
わりとどんな曲やっても大丈夫なので、臆せずに一度遊びにいらしてみて。

-----
加えて、10月には4か月ぶりの「たくらみ」もやりますので。
ちょっと早めの宣伝。

10/19(金)
まさぼうのたくらみ vol.18
四谷SOUND CREEK Doppo
open18:30/start19:00〜
¥2,700 (1Drink付き)

いつもよりちょっとスパンの短い4か月ペース。
そして実に久しぶりの平日開催。
どうなることでしょ。ぜひ聞きにきてください。

---
それでは、今月もがんばってまいります。
nice!(1)  コメント(0) 

おわらの季節 [まさぼうのおと]

9月に入ったなぁ、と思うと同時に毎年「おわらやってるんだなぁ」と思うわけです。
昨年は3日が日曜日だったので、朝一番で東京から八尾に向かったのでしたな。
台風来るのがずれてよかったね。1日早かったらせっかくの今晩が嵐の中。

ということで。
毎年のごとくぼくの『かがり火』を2晩ほど載せておきますかね。
『かがり火』
詞/曲:中田征毅

思い思い奏でられる音を背中にまとい
石畳のかがり火受けて 踊りがゆるり 下り来る

顔をかくしてもあなたとわかる
その指に 馳せる想い

深くおろした笠の下で
誰をさがして踊る

ゆらりゆらりとあなたを照らす
わたしならここにいる

気づかれぬまま過ぎてゆくなら
ここでゆらり 踊るしかない

nice!(0)  コメント(0) 

MixDish その2の巻 [音楽活動 -もろもろ-]

28日の火曜日、Mix Dishとしての2ndライブをラドンナ原宿にて敢行!
今回もまた、大変楽しくのびのびとお届けさせてもらいましたよ。

前回の川口の時とはあまり曲もかぶらず、そして、定番ばかりではない曲も混ぜてね。
その川口からも約1月半、銀座を離れてから早3か月程度、ということでね。
みんな当日のサウンドチェックの時に「いやもう、曲によっては忘れてそう」と口々に。
ぼくもだいぶ危ないな、と思いながらも、それでも曲を見直して、
ワイルドにも「スコアを持たずに現場へ」という強気。

<Mix Dish 2nd Live>
1. ボラーレ! (Nel Blu, Dipinto Di Blu)
2. Superstar
3. Imagine
4. Can't Help Falling In Love
5. 月
6. Woman "Wの悲劇"より
7. 接吻 Kiss
8. 真夏の夜の夢
9. みんなのうた

10. Take It To The Limit
11. I Will Always Love You
12. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
13. Beauty And The Beast
14. Disney Medley
 (When You Wish Upon A Star 〜 Chim Chim Cher-ee
  〜 Supercalifragilisticexpialidocious)
15. Caravan
16. Jumpin' Jack Flash
17. Private Eyes
18. Hot Stuff

en1. 愛燦々
en2. オー・シャンゼリゼ (Les Champs-Élysées)

Main Vocal : Mio
Vocal / Guitar : 西山太郎 (3,16,en2 on Vocal)
Vocal / Bass : 千葉生也 (4,10,17,en2 on Vocal)
Vocal / Keyboards : 中田征毅 (7,en2 on Vocal)
Vocal / Drums : 竹村忠臣 (en2 on Vocal)
Vocal / Sax etc. : 笹川知彦 (1,5,9,en2 on Vocal)

1st stageの真ん中コーナー(5-7)では、それぞれ誕生日の時に歌った貴重な曲を並べて。
どれも、「うまくいけばレパートリーに取り込みたいな」と思いながらガン無視された曲ばかり。
個人的には『接吻』は歌ってても気持ちいいんだけど、酸欠になるね。
で、歌詞が紛らわしいので混ざりまくる。今回もぐちゃぐちゃになりました。
でも気持ちいい。

2nd stageの真ん中ではピアノメインな曲たち。
『星に願いを』では、この前のデュオの時にやった、バースを頭につけるサイズで。

『Caravan』での名物、竹ちゃんの「オーイェーコーナー」では、彼を放置。
ほかのメンバーみんな楽屋に戻ったり脇からまったり眺めてたり。
好き放題にやってもらいながら「このままだと時間がギリだね」ってことで、その後を調整するための時間に。
なのでそこからは休みなく最後まで駆け抜けることに。
アンコールも終えて演奏終了したのが、会場の演奏停止リミットの2分前。見事!

今回もたくさんのみなさんに楽しんでいただけてね。
会場自体の作りだったり、前回の1.5倍の座席数、というのも功を奏してたのか、
とにかくステージも客席も一緒にになって楽しめた感じがあったね。
そしてそんな中、非常に嬉しい声を常連さんからいただいた。
「ここからこのバンドがどんな風に変化していくのか、それがものすごく楽しみです!」
これ、本当にうれしいことば。
銀座でやっていたことをそれはそれ、と受け止めて、そこだけにとらわれない形に持っていこうとしている今の我々のことを、わかってみてくれるんだな、ってね。ありがたいことです。

次回の予定は全く未定。
笹川氏の宮古島遠征が終わってから、ということになるので来年春以降ということは確実なんだけど、でも必ずやりますので。

そのときにまた、大いに盛り上がりましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

真夏の野外 しかも真昼 [音楽活動 -もろもろ-]

ここのところライブがいくつかあったので、それを時系列で書き残しておこう、の巻。

26日の昼に、マクランドで板橋のお祭りステージに参加。
ギター:サーラスの地元にて、彼も子供の小学校の父兄会として出店参加すると言うお祭り。
ここで、「ステージで演奏してくださいよ」という話になったようで、
「ならばバンド連れて来ますよ」ということになった様子。
で、諸々の都合によりステージの幕開けとなる12時から20分ほど。

いやもう、会場着いたらカンカン照りで。
ステージ上もそうなら、椅子を並べてある客席も遮るもの無しで。
「これは、見る側も気をつけないと、座ってても倒れるぞ」ってな具合。
そしてセッティングされてるキーボード、暑くて触れない。
DlfhxjsU4AEOjRe.jpg
とりあえずサウンドチェックだけ軽くすませて。
本番までのちょっとの間、キーボードの上にブルーシートかぶせてくれて。
サーラスは、自分たちのやってるかき氷屋さんから、シロップ無しの氷だけを調達して来てくれて。
で、ライブスタート。
お客さんにはマイクで「無理しないでいいですよ。日陰から見ててください」と。

<マクランド in 板橋ラッピーフェスティバル>
1. はじまりの歌
2. デッカイ太陽
3. オールマン
4. 課外授業

Vocal : 樋口政也
Guitar : 奥山裕樹
Bass : あくま
Drums : 藤原直樹
Keyboard : 中田征毅
39309609_1021691887992330_1818694740325957632_n.jpg
チラシかわいい
-----

これが、ステージ始まる直前から、太陽の向きがほんの少し変わっただけで
ぼくと直樹くんのところだけいい具合に日陰になって。
会場のすぐ後ろに、かなり背の高いビルが建ってて、それがいい感じに陰を作り始めてね。
それでも1曲1曲汗拭わないと大変なくらいではあったんだけど。
『オールマン』の頃には、ボーカルのマクとギターのサーラスのところも日陰になって来て。
客席側もだんだん陰になって行き。
もう、この暑い中大変だから、『課外授業』のコール&レスポンスコーナーはやらないことにするつもりだったんだけど、
陰になって来たし、お客さんもたくさん席についてくれて来てたので「予定変更!」と。

1曲1曲進めるごとに、会場全体が盛り上がって来てくれるのがよくわかってね。
『オールマン』あたりではみんな体ゆらしてくれてたし、
『課外授業』でもみんなが「フフー」ってやってくれて。
お祭りの勢いづけとしては、非常にその役割を担えました、という感じだったね。
でもって、唯一ベースのあくまさんのところだけは最後まで日陰にならなかった、と。

そんなこんなで、夏のよい想い出の1つになりました。
「来年もまたぜひ」って言ってもらえて。
「さくら会の奥山さん」に、その辺はまかせましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

鉄分 [散歩組]

「鉄分」ていうと、人によってはヘヴィメタだったりするんだけど、
ぼくにとって「鉄分」って言ったらやっぱり「鉄道成分」だよね。

7月が誕生月だったもので、
スカパー!から「8月1か月分、無料でチャンネル追加できるよ」の案内が来てね。
せっかくなので普段契約してないチャンネルをいくつか、見させていただくことに。
で、その中の1つに「旅チャンネル」を選んでね。

いろいろと見てたら、「秘境駅の旅」って番組にロックオン。
ま、ほかにも普段契約してるチャンネルでも、鉄道ものの番組ってなんとなく見ちゃったりしてるんだけど。
もう、秘境駅とか見ちゃうと「降り立ってみたいぞ」と思っちゃうわけで。
とりあえず、PC上の地図でその駅を探して、いろいろと思いめぐらせてみちゃったりして。

録りたまってるドラマもしっかり見進めなくちゃいけないのに、
こうして新しいもの(いや、昔の番組の再放送んわけだけど)じっくり見ちゃって。
結局ドラマが進まない、というね。
でも、楽しいんだよなぁ。

ぼくは電車の車両とかにはあまり興味が向かず、
駅とか路線図とか、そういうものにものすごく惹かれるもんで。
「廃線跡」とか最高だよね。

ということで、このままチャンネル変更して「旅チャンネル」契約してしまおうかと画策中。
nice!(0)  コメント(0) 

つぶやきから見るおれの7月 [つぶやきから見る]

なんだか8月に入ってからTwitterとFacebookの連携がうまく行ってないらしく、
設定し直してみてるんだけど変なエラーが出るんだよね。
しばらくFacebookの方は大事なお知らせだけ入れて行くよ。
突然治ってたりしたら、それでよしということで。

さて。7月。
中旬あたりがわりとゆっくり出来るなぁ、と思ってたら、
見事にその時期に風邪ひいて何も出来なかったというしょーもない状態。

そんな7月を残しておきます。

------
7/1
○今日は昼から、場末な昭和的。 https://pic.twitter.com/Zzcxr9pjpR
○本日の2本目、こちらも盛り上がって無事終了! https://pic.twitter.com/tnmevbs5Ou

7/2
○ってかさ、週末慌ただしくしてるうちに今年も後半にさしかかった、ってことだよね。
○ああ、歌丸さん。最後までがんばったんだね。
○今年もいただきました、ジャズ羊羹。 https://pic.twitter.com/uTHISl50qY

7/4
○ここ2週間くらい、「半分、青い」が毎回切ない。特に今日は切ない。
○今から警察行ってくる。
○てなわけで、リニューアル中。 https://pic.twitter.com/NwO6oVpSlw
○そういえば、蛇崩川のほとりです。 https://pic.twitter.com/x95MsWycuJ
○「すごーい!こんな色初めて!」https://pic.twitter.com/JuBThurBGr

7/5
○テレビつけたらEテレで、ドビュッシーの「喜びの島」やってる。これもちゃんと練習しなおすべき曲の1つ。もう全然弾けないや。
○おお!これはちょっと楽しみだぞ。https://t.co/DYeBzClNE9

7/6
○残ってるVHSをBlu-rayに移行させるために、たくらみ初期の映像をダビングしながら、せっかくなので見直してみてる。見ててドキドキしちゃう。だんだんライブ慣れして来るし、曲も少しずつ成長して整ってくるのがおもしろい。
○ちなみに、たくらみ第2回は2006年の7月。「明日で33になります」って言ってた。12年前の今日か。
○すごいことに気がついたんだけど、単純な客としてここに来るの、オープン以来6年経って初めてかもしれない! https://pic.twitter.com/JAmoK1DojO
○おれの知ってるあの曲もあの曲も、コピーしてなぞったあのピアノも、ってくらいたくさんの曲でピアノの音を残して来てる山田秀俊さん。今日は相当な刺激をいただきました。おれも、自分の音をきちんと作っていくのだ、とあらためて心に刻みましたよ。 https://pic.twitter.com/lArVHRScbv

7/7
○今日は、「半分、青い。」のスズメちゃんと律くんも誕生日。設定では、彼らはぼくの2つ上。
○キャスティングだけで見たくなるよね。おもしろかった! https://pic.twitter.com/amX6jlTEnW
○メッセージをくださったみなさま、本当にありがとうございます!明日、あらためてお返事をいたしますね。

7/8
○少々不謹慎なことかもしれないが、この前どこかのニュースでアナウンサーが「死刑」「執行」がごっちゃになっちゃったようで「しっけい」って言っちゃったのにちょっと吹いた。

7/9
○何もなくなってた渋谷駅が縦に伸びてきた! https://pic.twitter.com/zf6k6gtPOa

7/10
○ホームで電車待ってるだけで汗だく。
○まっさらになってる宮下公園。電車から渋谷川(いや、あえて穏田川という)の護岸のようなものが見えた気がする。もういちど確認したいが帰りは夜で見えやしない。
○今日のステージ。 https://pic.twitter.com/YhV37uTrp7
○サウンドチェック中。ひとり、カメラ目線。 https://pic.twitter.com/W8nK6356jx
○川口SHOCK ONにて、Mix Dishの"デビューライブ"大盛況で終了しました。気心知れたメンバーで、気兼ねなく演奏できる楽しさね。本当に楽しかった。次回は8/28ラドンナ原宿にて。残念ながらすでに満席です。予約されてるみなさま、どうぞお楽しみに!

7/11
○次回のたくらみは、久しぶりに平日の夜にしてみようかな。と、ふと思う。どうでしょね。
○今日のお出かけは浴衣で。この浴衣はこの前買ったばかりで、初下ろし。 https://pic.twitter.com/nkSbUFCXbr

7/12
○連日、浴衣でお出かけ。永野さんと浴衣で蕎麦屋で落語を聞く、という粋な遊び。柳家さん生師匠、柳家甚語楼師匠とともに。 https://pic.twitter.com/V0jRmpYLlj

7/13
○これはちょっとそそられる。が、値段もしっかりだよな。https://t.co/m8KYw1Fsnd
○川口のライブを見に来てくれて、昨日は一緒に浴衣で落語を楽しんだ永野さんのライブを、今日は客として楽しませていただいた!わりと仲良し週間。 https://pic.twitter.com/cHRyeqjihX

7/14
○小田急で多摩川を渡る。1か月ぶりくらい。 https://pic.twitter.com/Cve33FbzC1
○35年ぶりくらいに降り立ったシリーズ。面影なんてかけらもない。 https://pic.twitter.com/27H3LX9tI7
○兄が参加している合唱団のコンサートであります。合唱聞くのもいつ以来かな。 https://pic.twitter.com/Uk3oQ7auBT

7/18
○ちょうどタイミングよく、この猛暑の中、今週は特に出かける必要もなく家作業にいそしんでるわけだけど、さらにタイミングよくこう言う時に風邪をひいている、っていう。にしても、外に出ると1分で倒れそうね。
○37.3℃。んー。微熱かナ。https://t.co/glNRd1K7cL
○もしくはオサムさんに「かくしきれないー」って歌ってもらうか。あの、舌の付け根が筋肉痛になってるあの感覚。あれです。https://t.co/hFv9iTVNPm

7/19
○おー、フジオさん…。#ニットキャップマン
○このアルバムを聞きたくなったので、完全に夏です。https://masabou.blog.so-net.ne.jp/2010-08-18

7/20
○ここのところ左まぶたがピクピクするのが頻繁だったんだけど、今日は左二の腕の筋肉がピクピクしてる。体力ないぞ、今。

7/21
○本日のMarinaさんのライブ、あったかい雰囲気の中、いい感じに終了しました。集まってくださったみなさま、ありがとうございました! https://pic.twitter.com/9cXvwchP18
○こちら、幕間でマジックを披露してくださったマスターハムランによってあり得ない形のDoppoのフォーク。フォーク曲げすげぇ!!#マスター☆ハムラン https://pic.twitter.com/jlGxB4b2Ao
○普通のフォークならこのくらいまでなっちゃう。#マスター☆ハムラン https://pic.twitter.com/dQm2NNowEZ

7/22
○この時間から、荒川渡ってます。今年はわりとよく渡ってる気がする。
○新金線が合流してきて、江戸川も渡りました。千葉入っちゃったおれ。
○勢いよく利根川まで渡ってこちら、茨城じゃんよ!てなわけでお久しぶりです。ちなみに今の利根川というのは江戸時代の東遷事業において(略 https://pic.twitter.com/eODifcBOi8

7/23
○結局、閉店の情報があってから昨日の閉店まで、渋谷のブックオフ行かなかったな。
○えー、ふわっとお知らせしますと、次回「まさぼうのたくらみ」は10/19(金)ということになりそうです。よろしくどーぞ!
○この前WOWOWでやってた坂本真綾の、昨年の厳島神社でのアコースティックライブを見てるんだけど、ピアノ/ギター/パーカッションだけでやる『ヘミソフィア』がカッコよすぎてしびれてる。この編成でこの曲が出てくると思わなかった。こういうのやりたくなるね。

7/24
○というわけで、今日の夜は新宿Golden Eggで永井実穂セッションです。サックス:永井実穂/ドラム:藤原直樹/鍵盤:中田征毅でお迎えいたします。20時頃からゆるっとスタート予定よ。遊びにいらっしゃってな。

7/27
○今日はMioちゃんと初めてのデュオライブ。結構いろんなジャンルの曲をお届け予定。Mioちゃん選曲、おれ選曲、お互いのソロなんかもやったりしながら進めて行きますが、初めて合わせる曲ばかりなのでちょっとドキドキします。六本木Real Diva'sにて、20時頃のスタートです!
○Mioちゃんとの初めてのデュオライブ、静かに静かに、という曲ばかりだったけどいい感じに終了しました!集まってくださったみなさま、ありがとうございました。当日合わせだけでドキドキものでしたが、ま、お互いの好みもしっかり出せて、よかったんじゃないかな。
○今日のアンコールに持って来た『Can't Take My Eyes Off You』の3拍子バージョン。あれが非常に大好評でしたね。あの曲をあのアレンジでやることで「同じ人でも違うんですよ」という見せ方がうまく出来たんじゃないか、と。何よりMioちゃんがあのアレンジを大絶賛してくれたのがうれしかったな。

7/28
○台風予報の中、順調に荒川渡ってます。
○今日はギター教室の発表会。ただいま、数少ない「鍵盤非番曲」中。 https://pic.twitter.com/WNdqH9w0wg
○さっきWOWOWでやってた知世ちゃんのライブを見てるんだけど、振り付きの『年下の男の子』なんて反則ワザじゃないか!

7/30
○VHSからBlu-rayに、記録を移植中。2007年の「まさぼうとキタムラナオコのたくらみ」の映像なんかをダビングしながら見入ってしまった。9年前、か。反省点もたくさんあるけど、いいライブしてるな、とも思う。ナオさんのロングトーンが気持ちいいんだけど、思えばあんまりしないよな。

7/31
○夏ですね。 https://pic.twitter.com/74KmDDYZub
○おれが初めてライブのステージに立ったときの映像が出てきたのだが、初めてとは思えない余裕っぷりがすげぇわ、われながら。1曲目から豪快にコーラスまでも入れちゃって。でも、やった曲全然覚えてないわ。19年前のおれ。 https://pic.twitter.com/wkeIYKunLG
○もうすぐ、月が変わります。

-----
ちなみに7月末に大変なヤツが終わってからというもの、8月は実に時間余裕まくりです。
部屋片付けたり、録画見まくったり、音聞きまくったりします。
やっと。
nice!(0)  コメント(0) 

Mio × まさぼうと言う図式で [音楽活動 -もろもろ-]

先週金曜日=27日、Mioちゃんとのデュオライブは静かな盛り上がりで無事終了しました。
集まってくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回集まってくださったお客様の大半は銀座でのお客様だった方々で。
そのみなさまが、Mioちゃんとぼくという組み合わせにどんなことを期待されてたのかはわからないけど、
Mioちゃんと、選曲に関しては「お互いのやりたいことを、気にせずやろう」ということで。

その結果、こんな曲たちが並びました。

Mio × 中田征毅 Duo Live>
1. 突然の贈りもの (大貫妙子)
2. せぷてんばぁ (CRAZY KEN BAND)
3. TYPHOON (松任谷由実)
4. イノセンス (川村結花)
5. 黒のクレール (大貫妙子)
6. 木綿のハンカチーフ (太田裕美)
7. Lately (Stevie Wonder)

8. next text (中田征毅)
9. 時には昔の話を (加藤登紀子)
10. When You Wish Upon a Star (from movie "Pinocchio")
11. Feed The Birds (Tuppence A Bag) (Julie Andrews)
12. My Favorite Things (from movie "The Sound of Music")
13. SING LIKE A CHILD (Mio)
en. Can't Take My Eyes Off You (Frankie Valli)

Vocal : Mio
Keyboard : 中田征毅 (4,6,8 on Vocal)

-----
実は今回、お互いの忙しさもあって事前のリハーサルをせずに、
当日の本番前に合わせただけだったのね。
今までやったことのある曲は『When You Wish Upon a Star』『木綿のハンカチーフ』だけ。
がんばったよね。

出だしの『突然の贈りもの』『黒のクレール』の大貫妙子2曲はMioちゃん選曲。
お互い大貫さん好きなもので「やりましょうよ」ってことでね。
わりとわかりやすい選曲で来たな、と。
ただ、聞き慣れてる曲ほど、ふと構成が曖昧になるっていう。

『せぷてんばぁ』『TYPHOON』の2曲はぼくの選曲。
『せぷてんばぁ』はMioちゃんに「今日は会社を休みます」というフレーズを歌わせたら面白いだろうなあ、って。
軽いボサノバってのもMioちゃんに合いそうだったしね。
『TYPHOON』は、この時期にちょうどいいだろう、と大好きなこの曲を。
Mioちゃんも曲は知ってたらしいけど「そう来たか!」と思ったらしい。
そして「非常にまさぼうさん的な選曲」と。
これ、だいぶ前にSOUL CANAPEで選曲したときも悟さんに同じこと言われたな。

「せっかくなので、何かデュエットでも1曲」ということで、
以前ケネディでも1度だけやった『木綿のハンカチーフ』をぼくから提案。
前にやったよりも、ぐっと落ちついて出来た気がする。

『Lately』は、Mioちゃんがムーチョさんとやってた時にもやってたんだったかな?
「Stevieとかでもいけますよ」って言ったらMioちゃんがこれを選曲したんだけど、
実は当日までぼく、この曲をやるってことすっかり忘れてて。
でも、わかってる曲なので何食わぬ顔して弾いたりして。

「まさぼうさんもぜひ歌ってください」ということで、
カバーとオリジナルを1曲ずつ、と。
カバーは、初めて歌うものにするか今までやったことのあるものにするか悩みつつ、
以前歌った『イノセンス』をちょっと歌いたくなったので、かなり久しぶりに。
で、オリジナルの方もやっぱり相当悩みつつ。
お客さんの中に、ぼくのインストCDを聞いてくれてる方がたくさんいたので、
「じゃ、あの中の曲に歌詞乗せたものでも歌うか」という理由で『next text』
元々歌を乗せるつもりじゃないメロディなので、ブレスのタイミングがなくて大変な歌。

2部の方は映画とかミュージカルの曲を多めに。
「紅の豚」から『時には昔の話を』
「ピノキオ」から『星に願いを』
「メリーポピンズ」から『2ペンスを鳩に』
「サウンドオブミュージック」から『私のお気に入り』、と。
4曲とも、Mioちゃんの相当なお気に入りの曲のようで。
特に『2ペンスを鳩に』が非常に好きらしい。
そして『星に願いを』は出だしにバースを付けるスタイルで、
『私のお気に入り』はあえてミュージカルのそのままのスタイルで。
どちらも、よく演奏する曲ではあるけど初めてのやり方だったね。

本編最後はMioちゃんのオリジナル。
アルバムタイトル曲でもある『SING LIKE A CHILD』でがちっと締めて。

で、アンコール。
これもぼくのリクエストで『Can't Take My Eyes Off You』を3拍子アレンジで。
だいぶ前にぼくが思いついて、最初に澄川さんとのライブでやって、その後自分の弾き語りでもやったことのあるアレンジなんだけど、これをね。
このアレンジをMioちゃんが非常に気に入ってくれて。
「ほんとに素敵です、これ。」って。
実はこれを選曲した裏には、ぼくのちょっとした意図を隠してたわけでね。
銀座でもやってたこの曲を全然違うアレンジすることで、
「銀座でやってたことを期待されたとしても、同じことはやりませんよ」という、そんな意味合い。

ま、お客様ははなからそんなところを期待してはいなかったようで、ちょっと安心。
2人の空気感で、お互いの本質部分がよく見えてよかった、と。
そしてアンコールでやった『Can't Take My Eyes Off You』がことのほか評判が高かった。
ひと安心。

しかし、3年もほぼ毎日一緒にやってたわけだけど、2人でゆっくり話す機会なんて全然なくて。
この日の本番前にファミレスで食事しながら「今、初めてくらいだよね」って。

そんなふうに、お互いがわかってるようで、まだまだ奧に潜んでるものを探り合う感じの2人ですが、
次回は9月あたりに、またデュオでライブできそうです。

今回と同じように、自分たちの好きな音楽を選びながらお届けすることでしょう。
そういうものを見てみたい、という方はぜひ一度、見に来てみてくださいませ。
銀座でしか2人を見てなかった方は、おそらく知らないMioとまさぼうが見られます。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -