So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今年最後のマンスリー [音楽活動 -もろもろ-]

先週土曜日は、今年最後のマンスリー北村直子でした。
来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
今回は団体のお客様もいらっしゃって、ありがたいことに満席でしたねぇ。

せっかくの12月なのでね。
久しぶりに変身しましたよ。写真撮り忘れちゃったけど。
というか、この日携帯忘れて行っちゃったんだよね。何もなかったからいいんだけど、来る予定のお客さんから何か連絡があったらどうしよう、ってそれだけが不安で。

<マンスリー北村直子vol.7 at 蔵助>
1. Lovin' You (Minnie Riperton)
2. Amor de Indio (Beto Guedes)
3. 椰子の実
4. 赤とんぼ
5. Águas De Março (Antônio Carlos Jobim)
6. 文字 (北村直子)
7. The Christmas Song
8. A Happy New Year (松任谷由実)
en. Samba De Uma Nota Só (Antônio Carlos Jobim)

歌:北村直子
ピアノ:中田征毅

---
『Lovin' You』はなおさんの提案でマイナーコード仕立てにして、ちょっと冬っぽい雰囲気で。これ、なかなかいい感じのアレンジになったよ。
ボッサチャレンジは『Amor de Indio』『Águas De Março』ね。『Amor de Indio』はボッサという感じではないけど、まあポルトガル語の巻、で。『Águas De Março』は難しかったね。ひたすらブツブツ言ってる曲で、メロディが大きく変化しないもんだから、どのタイミングで間奏に入るのか、とか、展開する場所がどこにくるかとか、注意してないとずれちゃうんだよね。今年いちばん苦労したかも。2人とも。本番はばっちりうまくいったよ。
このところ登場してなかった「にほんのうたシリーズ」を、今回は2曲。『赤とんぼ』は、わかる人ならわかってしまうこれの影響ね。アレンジは違うけど。
で、せっかくこの時期なので、前からのレパートリーで『The Christmas Song』を。以前はかなり跳ねたアレンジにしたりしてたけど、今回は落ちついて。
それと、今年の最後、ということでぼくも大好きなユーミンの『A Happy New Year』でしめ。アンコールは軽く。

前々から「オリジナルやってくださいよ」というリクエストがそれはそれはたくさんあったんだけど、これも今年の最後だから、ということで。3年前に作ったこの曲を、その時に発表して以来の人前での演奏。今年の3月にぼくはセルフカバーさせてもらったんだけどね。でもって、ここに詳しく書いてあるんだけど、今回本人からの申し出で「やっぱり、タイトルを『文字』に戻そうと思います。」と。ええ、その方がいいでしょう絶対。
この曲もかなり好評だったんだけど、本人ライブ中に「来年はもっとオリジナルも作ってみようかと・・・」と思わず言ってしまったので、さらなるオリジナル曲も発表して行かれることになるんじゃないか、と。

ま、そんな感じで、今年の最後のマンスリーは満員御礼で終えることが出来ました。
家族の忘年会をこの日の蔵助に選んでくださったご一家のみなさま、本当にありがとうございました。
そして、いつもいらしてくださる常連のみなさまも、ありがとうございました。
初めて見に来てくださったみなさまも、ぜひまたいらしてくださいませ。普段から蔵助を使っていただければなおのことうれしいです。

そうそう、先月も来てくれた方から「CDいつも聞いてます」というありがたいお言葉を。
「また作ってくれるんですよね」というので、「またいいテイクがたまった頃に」ということで。

今年1年のマンスリーのご愛顧、ありがとうございました。
来年もしばらくがんばります。
ただ、次回はまだ未定なんですわ。1月末になるか2月頭になるか。ま、その辺です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

いわね

楽しかったし、美味しかったです。
ありがとうございました。

またお邪魔したいです♪

by いわね (2010-12-21 23:20) 

まさぼう

>いわねさん
お越しいただきましてありがとうございました。
またのんびりしに、食べに、聞きにいらしてくださいませ。
by まさぼう (2010-12-24 02:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0