So-net無料ブログ作成

学生にもてるオーバーエイジ [音楽活動 -もろもろ-]

先週土曜日の、one truth onlyのライブ、無事に終了しました。
見にきてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回のライブは、ずっと長い間塾講師をしてきたヤンチくんの教え子(現・大学生)の1人が、この情勢に「なにか自分たちで出来ることはないか」という相談をしてきたところから端を発してるそうで。
で、その彼とヤンチくんが中心となって、あくまで「学生主体」のチャリティイベント、ということで今回のイベント「優和~students' action」を立ち上げた、と。

で、このイベントの出演はダンスやアカペラにバンドなど、ほぼ学生さんたち。
オーバーエイジ枠に、我らがヒーロー「ラ・サプリメント・ビバ」さんとわれわれ「one truth only」という2組がね。

われわれトリを務めさせていただいたわけなんだけど、びっくりするくらいの人気で。
キャーキャー声がかかるのなんのって、大変。
一体いつからそんな存在になったのだ、と。

<one truth only in 優和~students'action
1. stand up for tomorrow
2. 無限のエール
3. ユメノカケラ
4. 飛ばない鳥
5. 希望

Vocal : 小崎宏悦
Guitar : 木下浩二
Bass : 山田智和

Drums : 酒井ヒデヒト
Key : 中田征毅

----
言ってみれば今回のライブ自体、7月半ばの初ワンマンに向けての前哨戦のようなもの。
5曲中4曲を全くの新曲で押す、というかなりすごい展開でね。
ま、ここである程度の反応を見ながら、ということもあるのかないのか。
バラード色の強いotoにあって、今回はかなりアップで持って行く曲が多くてね。
それもあって、お客さんもかなり盛り上がれてた感じ。
こういう曲もライブの乗せられるならワンマンでもかなり起伏を作れるね。
いや、ぼくは全然全貌は知らないけれども。まだ。

自分たちの演奏の後は、イベントの締めくくりの大団円に『世界に一つだけの花』をわれわれの演奏に乗せて大合唱。何とも若々しいみなぎる活力じゃないですか。

で、終演後にお客さんだったり共演者たちから「一緒に写真撮ってください!!」の嵐で。
まったくもって慣れてない「ワーキャー」ぶりに、ガリくんが「あと10年早くに味わいたかった!」と。まあ、わかる。

ちなみにこの日、出演者は揃いのTシャツで出てたんだけど、なんとまあ渡されたのがSサイズのTシャツで。致し方なく来たわけだけど・・・。ねえ。
ガリくんなんかはそれでも大丈夫な感じで。ひでさんは「なんとか肩はおさまるけど」と。
で、だ。なで肩にSサイズのTシャツなんて罰ゲームみたいなもので。
小崎くん曰く「なんか、まさぼうさんビール瓶みたいになっちゃってるよ」と。正解。
ダメだってばなで肩に小さいシャツとポロシャツをあてがっちゃ。
・・・てなわけで、本番中は必要以上に肩を上げて偉そうなポーズをしてた鍵盤弾きでした。

で、ワンマンまでに新曲が今回と同じくらい届くわけね。
がんばらないとね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0